オリンピックPRESSBACK NUMBER

ホッケー永井姉妹が語る五輪延期。
喪失感の中で気づいた武器とは。 

text by

内田暁

内田暁Akatsuki Uchida

PROFILE

photograph byAkatsuki Uchida

posted2020/06/15 07:00

ホッケー永井姉妹が語る五輪延期。喪失感の中で気づいた武器とは。<Number Web> photograph by Akatsuki Uchida

(右から)日本代表主将のDF内藤夏紀、司令塔の永井葉月、葉月の姉でソニー主将の永井友理、点取り屋でドリブラーの清水美並。

インスタ開設と“姉妹”の覚悟。

 そのきっかけ作りとして、妹を誘い、姉妹でインスタグラムのアカウントを立ち上げた。そうして少し視点を変えると、今まで嫌で仕方なかった“姉妹売り”が、ホッケーを世に広める武器にもなるのだと気付く。

 今回、オリンピックの延期で妹が深く落ち込んだ時にも、彼女はその武器を活用した。新型コロナによる自宅待機中、インスタグラムの姉妹アカウントで、ホッケーに打ち込む中高生向けのトレーニング指導を始めたのだ。

 折しも中高生たちも、次々に大会が中止になり目標を失っていた時分。その後進たちに直接アプローチすることで、辛いのは自分だけではないこと、そして何より、いかに自分が中高生たちに憧れられているか、どれだけホッケー界に必要とされているかを、妹に知ってほしかった。

 その意図が、どれだけ伝わっていたかは分かりませんが……と姉の友理は笑う。ただ、この頃から妹の葉月の表情が柔らかくなったのを、姉は見逃してはいなかった。

久々の練習再開に思ったこと。

 6月1日――。2カ月近くに及ぶスタジアムの閉鎖期間を経て、“ソニーHC ブラビア レディース”の全体練習が再開した。

 トレードマークのヘアバンダナで髪を上げ、チームメイトたちと久々にフィールドに立った時、葉月は改めて「このチームにいるからホッケーも楽しいし、代表も目指せるんだな」と凄く感じたのだと言う。

 オリンピックで良い結果を残したい。何より、ホッケーの楽しさを多くの人に知ってもらいたい――。

 見慣れたライトブルーのホームグラウンドから、決意も新たに歩み始める。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
内藤夏紀
永井葉月
永井友理
清水美並
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ