GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

スケボー・中山楓奈と東京五輪。
1年後に準備する「すごい技」。

posted2020/06/02 15:00

 
スケボー・中山楓奈と東京五輪。1年後に準備する「すごい技」。<Number Web> photograph by Yasuhiro Shimoka

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Yasuhiro Shimoka

「海外の大会は、技が決まったらみんなが来てくれてハイタッチしたり、声をかけてくれたり。練習も笑いながら楽しそうで、いいなと思った」

 昨年5月、ロンドンで行われた世界最高峰のストリートリーグ(SLS)の第1戦で6位に。13歳で一躍トップ選手の仲間入りを果たした。

 強化指定選手として、昨年はそのロンドンを含めて海外で行われた7試合に出場。世界ランクは15位まで上昇した。

 初めて海外の大会を転戦した一年を振り返って、「今後も出続けたい」と話す。

「大会に出ることで、次にこんな技をやってみようとか、新しい目標が出てくるから」

 大きい大会では緊張することもあるが「滑り始めれば大丈夫」と言う。試合前のリラックス法は「好きなものを食べたり、見たり」すること。日本から「お菓子や、カルピスとか」を持参して、試合に臨んだ。

女子では珍しい高難度の技を。

 制限時間内に様々な技を行う「ラン」よりも、一発技を競う「ベストトリック」を得意とする。これまでの大会でも女子では珍しい高難度の技をメイクし、逆転劇を演じてきた。なかでも好きな技は、デッキと車輪をつなぐトラック(金属部分)をレールやカーブなどにかけ、斜めに滑る「Kグラインド」だ。

「流していて気持ちいいし、周りの人から見てもかっこいい。できるようになるまですごく大変だった技でもあるから」

 コロナウイルスの影響で練習環境も厳しくなり、目標としていた東京五輪も1年延期となったが、それでもプラスに捉えている。

「1年時間が増えたから、いまよりもっとすごい技をできるようになりたい」

 以前から取り組む、Kグラインドより更に高さや精度が必要な「オーバーK」や、それ以外にも試したい技がある。どんな技を? と聞くと、「いっぱい」と即答してくれた。

中山楓奈Fuuna Nakayama

2005年6月17日、富山県生まれ。9歳で本格的にスケートボードを始める。昨年の日本オープン・ストリート女子2位、日本選手権優勝。同年5月にロンドンで開催のストリートリーグ(SLS)で6位。世界ランク15位(4/24現在)。ムラサキスポーツ所属。155cm。

今だからできること。BASEBALL GOES ON

Sports Graphic Number 1002

今だからできること。
BASEBALL GOES ON

 

関連コラム

中山楓奈
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ