Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<西の重鎮の回顧>
松田国英「未来に繋がる変則2冠」

posted2020/05/29 08:00

 
<西の重鎮の回顧>松田国英「未来に繋がる変則2冠」<Number Web> photograph by AFLO

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

AFLO

名馬だけでなく角居勝彦、友道康夫ら名調教師も育て上げた名匠が来年2月、25年間の調教師人生に幕を下ろす。現役最多、2度の栄冠を引き寄せたNHKマイルCからのローテに託していた思いとは。(Number1003号掲載)

 一頭の馬がNHKマイルCと日本ダービーを制する「変則2冠」。この言葉を定着させたのは、キングカメハメハで史上初の変則2冠制覇を達成した松田国英調教師だった。松田調教師が管理馬を初めてダービーに出走させたのは、厩舎開業6年目の2001年だった。

「あの世代は2歳のときから抜けて強い馬が3頭いて、3歳春の大きいレースを勝ち分けましたよね。アグネスタキオンが皐月賞、うちのクロフネがNHKマイルC、そしてジャングルポケットがダービー、と」

 外国産馬のクロフネは以前であればダービーに出走できなかったのだが、この年から制限付きで出走できるようになった。

「クロフネに関しては、馬主さんも騎手も当初はダービーを一番に考えていたようです。けれども、筋肉がすごくついてきたので、NHKマイルCに方向を変えました。当時はまだ、NHKマイルCはダービーに出られない外国馬が出るレース、というイメージが強かったですよね。それでも厩舎としては勝ちたかったし、自信もありました。ですが、ダービーは、相手関係からも、相当厳しい戦いになると思っていました」

 NHKマイルCで厩舎に初めてのGIタイトルをもたらしたクロフネだったが、ダービーは5着に終わった。2頭出しのもう1頭、ボーンキングは4着だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1751文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

松田国英
キングカメハメハ
クロフネ
タニノギムレット

競馬の前後のコラム

ページトップ