松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラバドミントンの新星・里見紗李奈。
東京2020で伝えたいメッセージとは? 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/06/14 11:00

パラバドミントンの新星・里見紗李奈。東京2020で伝えたいメッセージとは?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

里見選手がスポーツを通じて伝えたいメッセージは、松岡さんの思いと同じものでした……。

勝ちビビりなしの“紗李奈ゾーン”。

松岡「それを聞いているんですよ。勝ちが目の前に見えたとき、心の中にやってくる負の要素みたいなものは、出てこなかった?」

里見「全然、なかったです。リードしていても、ずっと追われる感覚で試合をしていましたから。第2ゲーム20-15でマッチポイントを握ってからもひっくり返される可能性は全然あったわけで、最後まで気を抜けませんでした。いつもなら、『あと1点とか思わないようにしよう』って考えるのに、マッチポイントという感覚もなく、ただひたすら点数を重ねていこうと思っていました」

松岡「紗李奈ゾーン、入った!?」

里見「入ったのかもしれません」

松岡「超集中している状態?」

里見「そうだったと思います」

松岡「さっき僕が聞きたかったのは、目の前に勝ちが見えてくると多くの選手は突然、怖くなったりすることがあるので、その経験はなかったのかなと思ったんです」

里見「へー」

松岡「へーって。ならなかったんですか?」

里見「ならなかったです」

松岡「それはすごい! メンタル強い! アスリートが一番欲しいものだ!」

里見「やったぁ」

松岡「この軽い『やったぁ』は文字ではなかなか伝わらないぞっ」

自信を持って「金メダルを取ります」。

松岡「世界選手権みたいな大舞台で元世界ランキング1位の選手に勝ってしまうと、一気に注目されますよね。しかも、東京でパラリンピックがあるから、金メダルも期待されるでしょうし」

里見「それはありますね。実は前まで、自分には金メダルは無理だから、銀メダル狙いでいこうと思っていたんです。でも、『金メダルを狙います』って言うと周りの人も喜ぶし、お父さんも嬉しいだろうなと思って、そう言ってました。それが世界選手権で優勝してからは、自信を持って『金メダルを取ります』って言えるようになりました」

松岡「本心から言えるようになったんですね」

里見「ダブルスも悠麻さんの隣で戦うことに消極的な面もあったんですけど、今は自信を持って戦えるようになって、自分の意見もしっかり話せるようになって、いいペアになっていってるんじゃないかと思います」

松岡「『エースをねらえ!』のお蝶夫人と岡ひろみみたいだ。わかります?」

里見「おちょんぐり?」

松岡「おちょんぐりじゃないよ! なんですかそれは。あのね、お蝶夫人っていう、高校生でものすごくテニスが強い人がいて、みんなの憧れなの。で、岡ひろみはその人に憧れてテニス部に入って、いきなりダブルスを組まされて、お蝶夫人についていかないとって、ものすごく頑張るわけ」

里見「じゃ、それかもしれない」

【次ページ】 「このシンプルさが他のアスリートにも欲しい」

BACK 1 2 3 4 NEXT
松岡修造
里見紗李奈
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ