沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

スターホースの走りは感動を呼ぶ。
アーモンドアイ、悠々とGI7勝目。

posted2020/05/18 11:30

 
スターホースの走りは感動を呼ぶ。アーモンドアイ、悠々とGI7勝目。<Number Web> photograph by Kyodo News

終わってみれば「格が違った」としか言いようのないアーモンドアイの完勝。単独最多GI8勝の現実味も大きく増した。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ディープインパクトのレースがそうだったように、強い馬が力を発揮するシーンを見るのは、実に気持ちがいい。

 無観客で行われた第15回ヴィクトリアマイル(5月17日、東京芝1600m、4歳以上牝馬GI)を、クリストフ・ルメールが騎乗した1番人気のアーモンドアイ(5歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)が4馬身差で完勝。キタサンブラック、ディープインパクトらに並ぶ歴代最多タイの芝GI7勝目をマークした。

 アーモンドアイにはいくつかの不安材料があった。検疫と輸送だけでUターンすることになったドバイ帰りの一戦であったこと。さらに、5カ月前の有馬記念で初めて大敗したことによる心身のダメージ。

 そして、もうひとつ。最大の懸念材料と思われたのは、スタートだった。

唯一の心配はスタートだった。

 昨年、ドバイターフを制したあとの帰国初戦となった安田記念では、スタート直後に他馬に寄られる大きな不利を受け、位置取りが悪くなって3着に敗れた。

 もともとゲートのなかでじっとしないところがあり、今回も立ち遅れる恐れがあった。この週から内埒を3m外側に置くBコースを使用しており、東京芝コースは前が止まらない超高速馬場になっていた。そこでの出遅れは致命傷になりかねない。

「ゲートでの立ち遅れだけが心配でした」と国枝調教師も話している。

 しかし、それは杞憂に終わった。

 2頭が出走を取り消して16頭立てになったこのレースで、アーモンドアイはメンバー中1、2番目に速いスタートを切った。その瞬間、昨年の安田記念の再現となる不安がなくなった。と同時に、先行有利の高速馬場で圧倒的なアドバンテージを持つことになった。

 そこが勝負の分かれ目だったと言えよう。

【次ページ】 200mで独走、100mでは余裕。

1 2 3 NEXT
アーモンドアイ
クリストフ・ルメール

競馬の前後のコラム

ページトップ