Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<特別インタビュー>
武豊「今こそ、名勝負を」

posted2020/05/21 08:00

 
<特別インタビュー>武豊「今こそ、名勝負を」<Number Web> photograph by Shigeyoshi Ohi

写真はNumber1000号登場時。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Shigeyoshi Ohi

無人の客席に手を振り、静かにガッツポーズを作った。すべてはスタンドの向こうのファンのために。異例の無観客ダービーを控えた稀代の天才ジョッキーが電話インタビューで語った、日本競馬の覚悟と進化。(Number1003号掲載)

――新型コロナウイルスの影響で、競馬場から歓声が消えたのは、2月29日でした。それから3カ月が経とうとしています。

「無観客開催が始まる少し前には、天皇陛下の一般参賀の中止という大きな出来事がありましたから、異例の形ではあっても、競馬を続けさせてもらえていることを本当にありがたく思っています。

 スポーツに限らず、ライブなどのイベントが続々と中止になっていくご時世ですから、競馬だけがこうして続いていることに否定的な意見も出てくるのではないかと少し心配もしていました。でも、競馬ファンじゃなかったはずの人たちも含めて、口々に『競馬はこのまま頑張ってください』『いま、楽しみと言えば競馬しかないんだからね。応援していますよ』と、励ましの言葉をいただけるんです。ステイホームの時代の貴重な娯楽となっている競馬は、こんなにもアテにされているんだな、と……。正直、グッとくる気持ちにもなりました」

――以前('01年)、武さんはフランスで無観客競馬を経験されています。

「あの時はロンシャンで従業員のストがあったんです。『こんなことあるんだ』と乗っていて不思議な気持ちでした。だからといって無観客に慣れているわけではないし、ファンの歓声があった方がもちろん、やりやすいです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3222文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の蹄音。日本ダービーの新常識

Sports Graphic Number 1003

不屈の蹄音。
日本ダービーの新常識

 

武豊
サトノフラッグ

競馬の前後の記事

ページトップ