メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

読書家・菊池雄星が薦める12冊。
「1日1冊は読みたいですね」 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/17 11:00

読書家・菊池雄星が薦める12冊。「1日1冊は読みたいですね」<Number Web> photograph by Kyodo News

マリナーズで2年目のシーズンを迎える菊池 雄星。アリゾナを拠点に、いまだ日程が決ま らないメジャー開幕に備える。

1000円でこんなにいい投資はない。

 きっと、ご両親から受け継いだ読書家の血は愛息にも受け継がれることだろう。

「高校(岩手・花巻東)の時に監督(佐々木洋氏)が『1000円でこんなにいい投資はないぞ』という話をされました。『何百年も前の人の話を聞けたり、これからの予想だってできる可能性もある。こんなに安い値段で得られるものはない』と言われたのがすごく印象に残っています。まさに考える力というところだと思います」

 インターネット全盛。スマートフォンひとつであらゆる情報が手に入る時代となったが、選別が難しいのも事実だ。だからこそ、自分の考えをしっかり持つためにも、本を読む力が大事になってくるという。

「例えば、1冊を3分でまとめましたみたいな“まとめサイト”では自分で情報を取捨選択する能力がつかないと思います。1冊読むことでこれは必要だ、大事だと自分で判断できるようになるはず。だからこそ1冊丸々読もうと。そこは大事にしたいですね」

 菊池は各ジャンルでお勧めしたい本(表参照)を多くあげてくれた。その中で「本が苦手な子供たちには漫画でも勉強になるものはたくさんある」と言った。

 「STAY HOME」が続く中、みなさんも“菊池雄星流の読書”で有意義に時間を過ごしてみてはどうだろうか。

菊池雄星のお勧め本12冊
<絵本>
いないいないばあ(松谷みよ子・瀬川康男)
アンパンマン(やなせたかし)

<歴史・時代小説>
革命前夜(須賀しのぶ)
夏の騎士(百田尚樹)

<ノンフィクション>
一瞬の夏(沢木耕太郎)
深夜特急(沢木耕太郎)
殺人犯はそこにいる(清水潔)
SHOE DOG(フィル・ナイト)

<自然科学>
動的平衝 生命はなぜそこに宿るのか(福岡伸一)

<漫画>
ONE PIECE(尾田栄一郎)
キングダム(原泰久)
SLAM DUNK(井上雄彦)

関連記事

BACK 1 2 3
菊池雄星
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ