Overseas ReportBACK NUMBER

非常事態はドーピング検査もZoom!?
アメリカ発の新しい手法に期待。

posted2020/05/06 11:40

 
非常事態はドーピング検査もZoom!?アメリカ発の新しい手法に期待。<Number Web> photograph by AFLO

勝利が大金と名誉をもたらす限り、スポーツとドーピングのいたちごっこが終わることはないのかもしれない。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

「ピンポーン!」

 ドアを開けると、そこにはドーピング検査員、ではなく、宅配便の配達員がボックスを持って立っている。

 ボックスの中身はドーピング検査のキット。送り主は米国反ドーピング機関(通称、USADA)。受け取った選手たちは、このキットを使って、自分でドーピング検査を行う。

「新型コロナウィルスの影響で、ドーピング検査の数が減少している。そのため東京五輪で違反者が増加する可能性がある」

 新型コロナウィルスの感染者が増加し、外出や移動の規制が始まると、米国や英国の反ドーピング機関は上記のような懸念を表明していた。

 競技会外検査(通称、抜き打ち検査)のために検査員が訪問することができない状況となり、もし訪問してもソーシャルディスタンスの6フィート(約2m)をとるのは難しく、事実上、検査は凍結された状態になった。

 そんな中、米国反ドーピング機関が新たに採用したのが、「オンライン抜き打ちドーピング検査」だ。

選ばれたのはメダル候補の15選手。

 米国反ドーピング機関は「プロジェクト・ビリーブ2020」というプロジェクトを発足。東京五輪でメダル候補の陸上のノア・ライルズ(ドーハ世界陸上200m金メダル)、アリソン・フェリックス(ロンドン五輪200m金メダル)、ケイティ・レデッキー(水泳、リオ五輪4冠)など、陸上、水泳、自転車などの競技から選ばれた15選手が、任意でこのプロジェクトに協力している。

 同機関のトラビス・タイガート会長は「新型コロナウィルスの影響で、ドーピング検査が行えない状況になっている。そのため、来年、東京五輪で活躍した選手たちがもしクリーンでも、『ドーピングしていたのではないか』と疑われる可能性もある。このプロジェクトの目的は、クリーンな選手の潔白を証明するためのもの」と話す。

 ドーピング検査は、禁止薬物を使用している選手を見つけるためのもの、と思っている人も多いかもしれない。確かにそれも目的の1つだが、クリーンな選手にとっては、自身がクリーンであることを証明する機会でもある。

【次ページ】 「ずるをする可能性はないの?」

1 2 3 NEXT
ノア・ライルズ
アリソン・フェリックス
ケイティ・レデッキー
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

陸上の前後のコラム

ページトップ