松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

加納慎太郎が車いすフェンシングと
ヤフー入社までを松岡修造に語る。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/05/05 08:00

加納慎太郎が車いすフェンシングとヤフー入社までを松岡修造に語る。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

車いすフェンシングの練習場での加納慎太郎。ヤフーで働くサラリーマンでもある。

「特別扱いでいいのか!」と一喝される。

松岡「あるがままの自分を認めてくれたわけですね。そこからは会社に勤めながら、京都へ通う日々が始まったんですか」

加納「そうですね。当時の本社は六本木だったので、そこから京都へ。一度、わがままを言って上司に相談したんです。『もっと競技の時間を増やして欲しい』と。そこで一喝されまして。『周りの社員をよく見てみろ』と。『親の介護をしたり、育児をしながら仕事も一生懸命やっている。自分だけ特別扱いでいいのか』と。そう言われて、甘えていた自分が恥ずかしくなりました」

松岡「まだ自分は甘かったと。考えを改めたわけですね。今、具体的に会社ではどんな仕事をされているんですか」

加納「サポート業務だったり、SNSを通じて自分の活動もやらせてもらってます」

松岡「ある意味、最強のサポートを得て、環境も整ってきた。働き出してから、フェンシングの成績は伸びてきているんですか」

加納「九州にいた頃と比べて格段に良い環境になったので、競技力も必然的に伸びてきているとは思います」

松岡「自分の中で満足のいく結果が出始めたのはいつ頃のことでしょう」

加納「正直、まだ満足のいく結果は出てないですね。一応、2018年のワールドカップで準優勝を2回経験したんですけど、規模的にはすごく小さなもので、今のような各国の代表選考がかかった大会とは違う気がするので」

(構成:小堀隆司)

  *本取材は緊急事態宣言が出る以前に済ませたものとなります。

加納慎太郎(かのう・しんたろう)

1985年3月2日、福岡県生まれ。小学生のときに父の影響で剣道を始める。16歳の時にバイク事故で左足を切断。事故後も義足をつけて剣道を続けていたが、2013年、28歳のときに東京2020の開催が決定。パラ競技にはない剣道から、パラ競技種目であるフェンシングに転向することを決意し、練習を始める。'16年ヤフーに入社。SR推進統括本部スポーツ事業推進室に在籍しながら、東京パラリンピックを目指している。

関連記事

BACK 1 2 3 4
加納慎太郎
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ