セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

頑固な名将がセリエA最優秀監督に。
ガスペリーニは師匠直系の攻撃主義。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/04/18 11:30

頑固な名将がセリエA最優秀監督に。ガスペリーニは師匠直系の攻撃主義。<Number Web> photograph by Getty Images

クロトーネ、ジェノア、そしてアタランタ。ガスペリーニが率いたクラブはどれも魅力にあふれている。

師の理想をまっすぐに受け継ぎ。

 しかし、アタランタの胸すくサッカーを見れば、師が目指した理想をまっすぐに受け継ぎ、21世紀のスペクタクルを追求しているのは、不器用な“長兄”ガスペリーニの方ではないのか、と思わずにはいられないのだ。

 今年1月11日、セリエA第19節で対戦した仇敵インテルをアタランタは文字通り圧倒した。スコアこそ1-1のドローだったが、ボールポゼッションやシュート数で別カテゴリーのチームかと見紛うほどの差を見せ付けた。

「できるならアタランタのようなサッカーがしたい。インテンシティとフィジカルを落とさず、かつクオリティを保ったまま95分間戦える彼らのように」

 試合後、あのプライドの塊のような闘将アントニオ・コンテが屈辱でうなだれた。

 都会のビッグクラブと対戦する地方クラブのチームは、どうしても引いて守りに入ってしまう。早い話がビビってしまう。

 今のアタランタはその恐怖心を克服した。

 否、ガスペリーニ自身が克服したのだ。

「ガスペリーニに学んだのは私だ」

 最優秀監督賞を授与されたガスペリーニは、不慣れな式典の場に声を上ずらせながら、自らのスタッフやクラブ、本拠地ベルガモのファンに謝辞を述べた。そして、同業者たちにも労いの言葉を加えた。

「こんな賞をいただけるなんて本当に光栄なことです。サッカー監督とは何と因果で辛い商売かと思う。だが、その分だけ素晴らしいこともきっとある。私はこの賞をすべての同業者と分かち合いたい。本当に感謝します」

 地方の名将としての評価は受けつつも、ガレオーネはついぞ表彰を手にすることなく監督稼業から足を洗った。つないで走って、またつないで最後に鮮やかに仕留める。白星ではなくゴールすることを目標にする。79歳の今もそんなチームが大好きだ。

 自分とよく似て不器用な一番弟子にもようやく光が当たった。我がことのように心から喜べる。

「ガスペリーニのアタランタは見ていて本当に楽しい。彼のチームが本当にすごいのは攻撃じゃない、守備の指導においてやつほど長けた指導者は他におらんのだよ。ひとつ言わせてもらえるなら、彼は私から守備を学んだことはないんだ。どう守るべきか、選手だったガスペリーニに学んでいたのは監督の私の方だったんだよ」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
アタランタ
ジェノア
インテル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ