SCORE CARDBACK NUMBER

開催続行のベラルーシに注目も。
コロナ禍とサッカーの“浄化”。

posted2020/04/18 15:00

 
開催続行のベラルーシに注目も。コロナ禍とサッカーの“浄化”。<Number Web> photograph by Getty Images

まばらな観客、マスク姿の警備員の前で行われるベラルーシ・プレミアリーグ。同国はFIFAランク87位の小国だ。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 世界中でサッカーが停止する中、コロナ危機がプラスになった例もある。

 最も恩恵を受けたのは欧州の中で唯一、休止することなくリーグ戦を続けているベラルーシだろう。かつてアーセナルやバルセロナでプレーしたMFアレクサンドル・フレブはこう冗談めかした。

「サッカーが止まったおかげで、今では世界中が僕らがプレーするベラルーシリーグの試合を見ている。北米のNHLのシーズンが終われば選手がロシアにきてプレーするように、メッシやロナウドがベラルーシに来てプレーしてもおかしくはないね」

 同国では4月4日時点での感染者が350人程度で、リーグ側は止める必要はないと判断した。その決断によりベラルーシリーグは世界に認知され、サッカーロスに嘆く各国から注文が入り放映権料も高騰。ベラルーシサッカー連盟のセルゲイ・ジャルデツキ氏は「世界が我々を見てくれる、非常にポジティブなこと」と誇った。稀少性がプラスに転じた例だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 500文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ