ラグビーPRESSBACK NUMBER

ワールドラグビー次期会長は誰に?
大国に挑む45歳、ピチョットの野望。

posted2020/04/16 11:30

 
ワールドラグビー次期会長は誰に?大国に挑む45歳、ピチョットの野望。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

2018年、W杯日本大会開幕を控えたイベントに出席するピチョット氏。今年5月のワールドラグビー会長選挙に立候補した。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Naoki Morita/AFLO SPORT

 ドン・キホーテの血が流れているのかもしれない。

 巨大な敵に挑む。無謀と言われようが、挑まずにはいられない。

 敵が巨大なら、まして個人ではなくシステムなら、なおさら闘志がわき上がる――。

 5月に投票が行われるラグビーの世界統括機関・ワールドラグビー(以下、WR)の会長選挙に、アルゼンチン代表“ロス・プーマス”の元主将で、現WR副会長のアグスティン・ピチョット(45歳)が立候補を表明した。

 4月12日、ピチョットはツイッターで、WR会長へ立候補する意思を世界に向けて発信した。そこにはマニフェストとして3つの項目が書かれていた。

・今はラグビー競技にとってきわめて重要な変革のタイミングだ。
・伝統国と新興国、両方の発展を目指す。
・ラグビーの商業的価値を高める。ゲームソフトの開発など世界のより多くの人にラグビーの魅力を届ける方策を探る。

「ラグビーはグローバルな発展を目指すべきなんだ」

 それはピチョットが、現役選手として、伝統国の厚い壁に挑んでいたころから訴えてきたことだった。

対抗は現会長と仏会長のタッグ。

 選挙の対抗馬は現会長のビル・ボーモント、68歳。こちらはラグビーの母国イングランド代表の元キャプテンであり、ブリティッシュ・ライオンズ(現ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ)も含め41キャップを持つ名ロックだった。ピチョットは2016年、ボーモント会長就任時に副会長に就任。ともにワールドラグビー改革を推し進めてきた。

 しかし4年が経過し、改選期を迎えたボーモント会長は、2期目に臨むにあたり、副会長候補にフランス協会会長のベルナール・ラポルトを指名。そしてピチョットは、袂を分かつ形で会長に立候補した。

【次ページ】 ビッグエイトに挑んだピチョット。

1 2 3 4 NEXT
ワールドラグビー
アグスティン・ピチョット
ビル・ボーモント
ベルナール・ラポルト
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ