ゴルフPRESSBACK NUMBER

4月10日、特別な喝采を浴びた19歳。
松山英樹がマスターズで見せた非凡さ。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/04/10 20:00

4月10日、特別な喝采を浴びた19歳。松山英樹がマスターズで見せた非凡さ。<Number Web> photograph by AFLO

2011年のマスターズでベストアマに輝いた松山英樹。今年は大会史上初の秋開催となる。

非凡な才を持つ青年へ拍手と歓声。

 1番ホールではティーショットを右のバンカーに入れ、2打目もグリーンをショートしたが、2mに寄せて辛くもパーセーブ。「あれで気分が楽になった」と4番ホールでは20mのロングパットを沈めて初バーディーを奪った。最後は3連続ボギーを叩いたが、一時は4位に浮上するなど「奇跡に近い」というイーブンパーの31位で初日を終えた。

 2日目も1オーバーの73で踏ん張り、出場したアマチュアで唯一の予選通過を決めた。この時点でベストアマは確定したが、3日目には5バーディー、1ボギーの68をマーク。トッププロが居並ぶ中で、ベストと1打差の好スコアを叩きだして43位から18位まで大きく順位を上げた。

 マスターズには数多くの日本人トッププロが挑んできたが、60台をマークしたのはこの時の松山がようやく9人目。まだ19歳だった青年は、この時点ですでに将来につながる非凡さを示していたといえる。

 74で回った最終日は、18番ホールをバーディーで締めくくった。グリーンを幾重にも取り囲んだパトロンから背筋がゾクゾクするほど大きな拍手と歓声を浴び、4日間の戦いを終えたのだった。

「また回りたいなあ。今から回れないかな」

 通算1アンダーの27位でベストアマを獲得。表彰式に先立ってバトラー・キャビンで行われたテレビ用のセレモニーに、前年優勝のフィル・ミケルソン(米国)やこの年の優勝者となったシャール・シュワルツェル(南アフリカ)と一緒に参加した。スター選手の横にちょこんと座って少し所在なげではあったが、こうした経験がキャリアの大きな礎となった。

 ホールアウト直後は「こんなに疲れた1週間もなかった」と話していたのに、「また回りたいなあ。今から回れないかな」と名残惜しそうにしていた松山。その願いは、その後、自らの力で叶えていくことになる。

 プロ転向直後の2013年大会を除いて毎年出場を果たし、2015年は5位、2016年は7位。再びオーガスタの夕日を浴びて表彰式に立つ日も訪れるのではないか。アマチュアで喝采を浴びたあの日から9年、松山はあの時以上にそう期待させる存在であり続けている。

【次ページ】 秋開催のオーガスタはどんな景色か。

BACK 1 2 3 NEXT
松山英樹
オーガスタナショナル・ゴルフクラブ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ