オリンピックPRESSBACK NUMBER

早すぎたリオ五輪の日本人対決。
今も続く奥原希望と山口茜の物語。

posted2020/04/12 20:00

 
早すぎたリオ五輪の日本人対決。今も続く奥原希望と山口茜の物語。<Number Web> photograph by Shinya Mano/JMPA

リオ五輪女子シングルス準々決勝で対戦した奥原と山口。2人の戦いは今もまだ続いている。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Shinya Mano/JMPA

『Sports Graphic Number』創刊1000号を記念して、NumberWebでも「私にとっての1番」企画を掲載します! 今回はリオ五輪で実現した女子バドミントンの日本人対決を振り返ります。

 早すぎる日本人対決に、誰もが「もっと上で見たかった……」と悔やんだはずだ。

 2016年8月16日、リオデジャネイロ五輪バドミントン女子シングルス準々決勝。

 予選リーグを順当に勝ち上がった奥原希望と山口茜は、決勝トーナメント1回戦で、奥原が韓国選手を圧倒し、山口は格上のラチャノック・インタノン(タイ)にスピード溢れる攻撃を仕掛け競り勝った。そして準々決勝で奥原と山口の対戦が決まった。

 五輪での日本人対決はバドミントンが(五輪に)採用された1992年のバルセロナ大会以降初のこと。異例の日本人対決に注目が集まった。

 リオ五輪当時の世界ランクは奥原が6位、山口が12位と、奥原が一歩リード。この対戦までも、2人の直接対決の成績は国際大会では奥原が5戦全勝と圧倒的に有利な立場にいた。山口の前には常に奥原が立ちはだかっていた。

先取した山口、徐々にリズムをつかむ奥原。

 最初序盤からスピードをあげて全力で勝負しようとゲームに入ったという山口は、作戦通り、第1ゲームの出だしから飛ばした。スピードや読みで圧倒し、次々と鋭いショットを決め、ゲームの主導権を握る。山口は21-11と一方的な展開で、第1ゲームをものにした。

 しかし、第2ゲームに入ると流れが変わり始める。体力勝負では負けない自信がある奥原は、コート内を縦横無尽に走り回り、届きそうもないシャトルを拾いまくった。要所で強烈なショットを決めると、奥原は少しずつリズムをつかむ。

 さらに、繰り返されるラリー中に、シャトルをネットにかけるなど、山口に徐々にミスが目立ち始める。第2ゲームは奥原が21-17でものにした。続く最終第3ゲームも巧みな配球でペースを握り、21-10。奥原がゲームカウント2-1で逆転勝利を収めた。

【次ページ】 奥原から初めて奪った「1ゲーム」

1 2 3 NEXT
奥原希望
山口茜
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

他競技の前後のコラム

ページトップ