フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

宇野昌磨&羽生結弦&鍵山優真。
今季最高の“神会見”を振り返る。

posted2020/03/28 20:00

 
宇野昌磨&羽生結弦&鍵山優真。今季最高の“神会見”を振り返る。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

会見場で視線を合わせながら笑顔で会話を交わす宇野(左)と羽生(中)。その2人を鍵山が眩しそうに見つめる。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 それはそれは尊い時間だった。

 2019年12月22日、東京・代々木第一体育館。フィギュアスケート全日本選手権男子シングルのメダリスト3人による記者会見は、それ自体がひとつのエンターテインメントだった。

 壇上に着座したのは、どん底だったグランプリ(GP)シリーズから感動的な復活を見せて、4連覇を果たした宇野昌磨。

 ひと月で3大会に出る過酷なスケジュールに立ち向かい、4年ぶりの全日本出場で2位になった羽生結弦。

 そして、ショートプログラム7位からノーミスのフリーで3位まで上がった超新星の鍵山優真。

主要国際大会に匹敵する熱量。

 情熱とサプライズが満載だった戦いを、選手自身はどのように受け止めているのか。

 多くの報道陣で埋め尽くされた会見場には、主要国際大会に匹敵する熱量が漂っていた。

 今季、コーチ不在でシーズンをスタートさせた宇野は、GPシリーズフランス杯でミスを連発して涙を流すなど、痛々しさすら感じさせる序盤戦を過ごした。

 しかし、ステファン・ランビエルコーチとの練習を始めてから調子を取り戻し、上昇の兆しを感じながら全日本に臨んでいた。

 12月20日にあったショートプログラムでは観衆の胸に響く復活劇を演じた。2種類の4回転ジャンプはもちろん、最後のコレオシークエンスには氷を溶かしてしまいそうな放熱があった。

 羽生に続く2位でフリーを迎え、逆転で優勝した。

【次ページ】 羽生へのリスペクトを滲ませながら。

1 2 3 4 5 6 NEXT
宇野昌磨
羽生結弦
鍵山優真

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ