SCORE CARDBACK NUMBER

勇気を日本に届けよう――。
海外で奮闘した2つのチーム。
~サンウルブズとジュニア・ジャパン~

posted2020/03/29 08:30

 
勇気を日本に届けよう――。海外で奮闘した2つのチーム。~サンウルブズとジュニア・ジャパン~<Number Web> photograph by AFLO

第7節クルセイダーズ戦後、コロナ禍によりSRも中断が決定。サンウルブズはブリスベンで一時解散となった。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

AFLO

 右目でフィジーで戦う若き桜戦士の奮闘を追い、左目は飢えた狼たちのタックルに引きずり込まれる――。同じような時間を過ごした方もきっといただろう。コロナ感染拡大対策で国内の試合がすべて休止されて3度目の週末となった3月14日、ラ党各位は南半球から届く2つの映像を、各種デバイスを駆使して見届けたはずだ。

 フィジーで奮戦していたのは大学生を中心としたジュニア・ジャパン。舞台はフィジー、サモア、トンガに日本を加えた4カ国の準代表によるパシフィック・チャレンジ。世界に挑む登竜門の大会だ。この日、ジュニア・ジャパンは大会4連覇中のフィジーに21-12で快勝。激しいタックルと強力スクラムを武器にボールを奪い、SH藤原忍(天理大)とSO丸山凜太郎(東海大)が強気にゲームをリード。WTB木田晴斗(立命館大)が2トライをあげる見事な勝利で大会初優勝を飾ったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

サンウルブズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ