草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

「藤浪再生」を託された山本昌。
37年ぶりにつながった阪神との糸。

posted2020/02/27 11:40

 
「藤浪再生」を託された山本昌。37年ぶりにつながった阪神との糸。<Number Web> photograph by Kyodo News

秋季キャンプで、山本昌臨時コーチ(左)から指導を受ける藤浪。制球難に苦しむ背番号19は這い上がることができるか。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 阪神の藤浪晋太郎は、本当に復活するのか――。阪神ファンはもちろんのこと、野球好きの注目を集めている。

 大阪桐蔭で春夏の甲子園を連覇を達成した藤浪は、ドラフト1位でプロ入りし、高卒1年目から10、11、14と順調に勝ち星を増やしていった。同い年の大谷翔平と並ぶ逸材だった右腕だが、4年目から成績が急降下。昨シーズンはついに登板1試合で未勝利に終わっている。

 その原因も広く知られている。というよりも、登板試合を見ていればわかる。160キロに近い剛速球が、時折、右打者の体に向かってすっぽ抜けるのだ。藤浪の球威を考えれば、打者の生命にも関わる。打者を威圧しようと投げているわけではないから、なおのこと萎縮する。将来を嘱望された右腕はすっかり自信を喪失していった。

 その藤浪を「直せる」と言いきっていたのが通算219勝を挙げた元中日の山本昌氏である。

藤浪の場合は技術に原因がある。

「よくイップスはメンタルに原因があると言われますが、少なくとも藤浪選手の場合はそうではありません。技術に原因があるんです。ということはそこを修正すれば、球が抜ける確率は下がるということです」

 投球メカニックについて、絶対の自信をもつ山本氏は、常々こう話していた。

 しかし、藤浪と直接の接点があるわけではない。

 その理論を実践する機会が訪れた。中日時代のチームメートでもある矢野燿大監督から臨時コーチ就任を打診された。快諾。昨年の秋季キャンプでは、なんと東京や名古屋での仕事をこなしつつ、高知県安芸市を8往復。この春も沖縄で一軍を指導した翌朝には安芸市で二軍を教えたこともあった。

 中でも最も熱意をもって教えたのが藤浪だった。1月の自主トレでは事前の連絡をせずに鳴尾浜球場の自主トレを視察し、球団関係者をあわてさせた。そのときにはタイミングが合わずに藤浪は投球練習をしなかったのだが、投げた日に動画撮影を依頼し、それを送信してもらってまでチェックした。

【次ページ】 ベロビーチへの留学で得た教え。

1 2 3 NEXT
山本昌
阪神タイガース
藤浪晋太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ