F1ピットストップBACK NUMBER

レッドブル・ホンダの究極の目標。
史上最強の王者に挑むシーズンに。

posted2020/02/23 20:00

 
レッドブル・ホンダの究極の目標。史上最強の王者に挑むシーズンに。<Number Web> photograph by Getty Images

テスト初日、話し合うフェルスタッペン(右)と田辺。この日は4番手タイムを記録した。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2月19日、スペイン・バルセロナ郊外にあるカタロニア・サーキットで、今年初のF1のテストが始まった。

「テストが始まる前は、何にドキドキするかという違いはありますが、いつも緊張します」

 ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、テストが解禁される前の心境を、そう語った。

 田辺がF1に復帰した2018年は、ホンダにとってもパートナーを組む相手がマクラーレンからトロロッソに代わった1年目。久しぶりのF1の現場は戸惑いの連続だった。

 2年目の'19年はトップチームのレッドブルと組んだ。常にトップを目指して戦うパートナーとの1年はプレッシャーが大きかったが、結果的にシーズン3勝を挙げ、達成感も大きかった。

絶対王者・メルセデスに挑む。

 レッドブル・ホンダは今年さらに前進し、ひとつ上のポジションを目指す。もはや単に表彰台や優勝を狙うだけではなく、王者メルセデスを倒してタイトルを獲得すること。レースを戦う者にとっての究極の目標だ。しかしそれが簡単ではないことは、ホンダもパートナーを組むレッドブルもわかっている。

 メルセデスが選手権を制したのは昨年だけではない。'14年から6年連続でドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを連覇中の最強王者。両タイトルを6連覇したチームは、70年のF1の歴史の中でもこのメルセデスしかない。

 その絶対エースともいえるルイス・ハミルトンが今年タイトルを防衛すれば、ミハエル・シューマッハーが持つ王座7回の史上最多記録に並ぶ。もしそうなれば、開幕前時点で通算84勝のハミルトンは、やはりシューマッハーが持つ史上最多勝利数91勝をも更新することだろう。

 つまりホンダが今年挑もうとしている相手は、F1史上最強のライバルといっても過言ではない。

【次ページ】 レッドブルとの連係も格段にアップ。

1 2 3 NEXT
田辺豊治
レッドブル・ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ