Beyond The GameBACK NUMBER

求めるのは排除ではない。
~車いすバスケの“健常者”の話~

posted2020/02/25 07:00

 
求めるのは排除ではない。~車いすバスケの“健常者”の話~<Number Web> photograph by KYODO

2月2日、有明アリーナの完成披露式典でデモンストレーションを行った車いすバスケ男子日本代表。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 障害者と健常者は共に戦えないのか?

「健常者の選手と競争することは本当に楽しい。手強いライバルになれることが、私にとってこの上ない喜びです」

 こう語ったのはリオデジャネイロ五輪でイラン選手団の旗手を務めたザフラ・ネマティ選手だった。

 彼女は18歳のときに交通事故で脊髄を損傷し車椅子生活を余儀なくされた。その後にアーチェリーと出会い、競技開始からわずか6カ月で健常者も出場する国内大会で3位に入賞。2016年のリオ五輪とパラリンピックの両方に出場し、パラ大会では見事に金メダルに輝いている。

 その後にNHKの番組取材でネマティ選手は、健常者と共に戦う喜びを冒頭のように語っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1008文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ