フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

「最も信頼できる」米国名物記者に、
羽生結弦と紀平梨花の今後を聞いた。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byPhoto courtesy of Jackie Wong

posted2020/02/17 18:00

「最も信頼できる」米国名物記者に、羽生結弦と紀平梨花の今後を聞いた。<Number Web> photograph by Photo courtesy of Jackie Wong

紀平梨花(左)と写真におさまるジャッキー・ウォン氏。日本のディープなフィギュアファンにも有名な存在だ。

4アクセルをモチベーションに。

 彼の4アクセルへのこだわりについては、どうか。

「彼はオリンピックを2度制し、世界選手権、GPファイナルなどありとあらゆるタイトルを手にしました。最後に残っていた四大陸まで優勝した。次のチャレンジは何かとなったときに、まだ世界で誰も成功していない4アクセルをモチベーションにしているのでしょう。

 すでにレジェンドだけれど、その中でもさらなるレジェンド(伝説)を作りたいのだと思う。ぼくは羽生がSP、フリーとノーミスで滑り切ったら、今でも十分トップになると思っています。4アクセルなしで。でも彼本人は、そう思っていないのかもしれない」

 モントリオール世界選手権で、最大のライバルは言うまでもなくネイサン・チェンだろう。

「1つだけ確かなことは、羽生がいなければ、おそらくネイサン・チェンはここまでの選手になっていなかったということ。そして同じことが、羽生に関しても言えると思う。あの2人はお互いをプッシュしあったからこそ、今ほどのレベルに到達したのだと思います」

 今シーズン最大の戦いは、あと1カ月後に迫った。人気記者のジャッキーが、その勝負をどう分析するかも楽しみである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジャッキー・ウォン
羽生結弦
紀平梨花
アリョーナ・コストルナヤ
ネイサン・チェン

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ