メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

サイン盗み問題で謹慎処分になり、
それでも堂々と謝罪した男の誇り。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byReuters/AFLO

posted2020/02/14 11:40

サイン盗み問題で謹慎処分になり、それでも堂々と謝罪した男の誇り。<Number Web> photograph by Reuters/AFLO

青木宣親とも良好な関係を築いていたヒンチ前監督(右)。サイン盗み問題で重大な罰則を受けた。

「私は強くなって戻ってきたい」

「謹慎処分が始まったのは(更迭が)発表された日だが、キャンプが近づいているのに、自分が何も準備をしていないことで公式に処分が始まったと感じている。私にとっては24時間、週7日が全部ベースボールなんだ。

 謹慎がどのようなものになるのかは想像もできないが、ワールドシリーズが終わった頃には、精神的にも肉体的にも準備ができているはずだ。どのように野球界に戻ってくるのかは分からないが、私は強くなって戻ってきたいと思っているし、強くなって戻ってくる」

 ヒンチ監督のインタビューを受けて、当時、「スパイ行為」に関わった選手たちは、どう反応するのか。

 今のところ、当時の選手たちで謝罪めいたことをしたのは、あまり「スパイ行為」の恩恵を受けたとは思えない左腕ダラス・カイコー(現ホワイトソックス)、チャーリー・モートン(現レイズ)両投手など少ないが、いつまでも逃げているわけにはいかない。

 先にキャンプインするバッテリー組から遅れてキャンプ地に姿を現すアストロズの野手たちから、正直な言葉を聞きたい――。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドリュー・ジェイ・ ヒンチ
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ