メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

サイン盗み問題で謹慎処分になり、
それでも堂々と謝罪した男の誇り。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byReuters/AFLO

posted2020/02/14 11:40

サイン盗み問題で謹慎処分になり、それでも堂々と謝罪した男の誇り。<Number Web> photograph by Reuters/AFLO

青木宣親とも良好な関係を築いていたヒンチ前監督(右)。サイン盗み問題で重大な罰則を受けた。

「ノリはもう同じミスをしない」

 ディフェンスだろうが、オフェンスだろうが、彼には明確なコンセプトがあり、そのイメージに沿ったプレーができなかった理由もはっきりしていたのだ。そして、彼は「それについてノリに話はするけど、もう終わったことだから」としながら、最後にとてもプロフェッショナルな態度でこう言ったのである。

「ノリはもう同じミスをしない。私には分かっている」

 その言い方はちょっと、心を捉えた。

 もちろん、そんな風に選手を真直ぐに信じる監督だったからと言って、今回の「スパイ疑惑」で「選手を信じることが仇になった」などと結論付けるつもりはない。

 件のインタビューで彼がひとりで説明責任を果たさなければならなかったのは、彼自身が「今の私には自信があるけれど、2017年は今より自信がなかった」と語ったように、「スパイ行為」が行われていることを知りながら、それを止められなかったからだ。

 彼はあの用意周到な「スパイ行為」に使われていた機器を、2度にわたってバットで殴って壊してメッセージを送りながらも、その首謀者である者たちに対して面と向かって「私はこのやり方が好きじゃない。もう止めようじゃないか」と言うことができなかったのだ。

罪を全面的に認めて、なお誇り高く。

 だから、インタビューで「すべては監督である私の責任だ」と話す姿に潔さは感じても、「私にはもっと多くのことができたはずだし、そうすべきだった」と後悔の念を見せることには、同情する気持ちはあまり湧かなかった。

 インタビューで印象的だったことがあるとすれば、それはヒンチ監督が罪を全面的に認めながらも、許しを乞うような哀れな感じを一切出さなかったことだろう。

 彼は「決して誇りに思えない過ちを犯した自分が、この状況でどのように対処するのかを、自分の家族に見て欲しいと思った」と言い、ある種の誇りを持って行動していることを強く、感じさせた。

【次ページ】 「私は強くなって戻ってきたい」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドリュー・ジェイ・ ヒンチ
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ