SCORE CARDBACK NUMBER

WNBAが画期的な労使協定合意。
魅力あるリーグ作りと成功の土台を。
~女子バスケ待遇改善への賭け~

posted2020/02/11 09:00

 
WNBAが画期的な労使協定合意。魅力あるリーグ作りと成功の土台を。~女子バスケ待遇改善への賭け~<Number Web> photograph by Getty Images

WNBAのコミッショナーを務めるキャシー・エンゲルバートは過去、大手会計事務所デロイトのCEOを務めた。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 プロリーグの労使協定というと、リーグ・オーナー側と選手側が相手にどこまで譲らせるかをせめぎ合い、最後は妥協によって成立する合意という印象が強い。

 しかし、1月14日にWNBAが発表した新労使協定は決して妥協の産物ではなかった。WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバートが「革新的、意欲的で、大胆な労使協定にすることが大事だった」と語ったように、言ってみれば、リーグと選手たちが知恵を出し合って作った未来図だったのだ。

 まず、選手年俸が大幅に増額された。現在リーグ収益の20~30%の選手報酬は、来年には、収益が目標値に到達という条件付ながら、50%まで引き上げられる。基本給に加えて、新設のカップ戦の賞金や、オフシーズンにリーグやチームとのマーケティング契約を交わす選択肢を作ることで選手への報酬総額は53%増加。平均サラリーは2018年の7万ドルから13万ドル近くに増え、リーグのトップスターはこれまでの約10万ドルから、最高額の場合は50万ドル以上得られるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 462文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビー再入門

Sports Graphic Number 996

ラグビー再入門

 

関連記事

キャシー・エンゲルバート

バスケットボールの前後の記事

ページトップ