競馬PRESSBACK NUMBER

安田記念馬が初ダートで完勝。
矢作師に導かれモズアスコット復活。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2020/02/03 19:00

安田記念馬が初ダートで完勝。矢作師に導かれモズアスコット復活。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

芝ダートGI制覇も期待されるモズアスコット。フェブラリーSと安田記念を両方制覇すれば、'02年アグネスデジタル以来の快挙となる。

芝に見切りをつけたわけではない。

 根岸Sを勝ったことで、次はフェブラリーSというのが既定路線と思えるが、矢作調教師は次のように語る。

「脚元が慢性的にかたい面のある馬なので、中2週になるフェブラリーSは慎重に馬の様子を見て決めます」

 これとは違う見解を述べたのがルメール騎手だ。

「乗っていてとくに歩様のかたい馬だとは感じません。そのあたりは大丈夫だと思います」

 また、更に先に続く未来の展望を、矢作調教師は述べる。

「芝に見切りをつけたわけではないので、フェブラリーSの後はオーストラリア遠征も考えています」

 最後に改めて今回の勝利に対する気持ちを伺うと、満面の笑みを見せて答えた。

「安田記念を連闘で制して以来、勝てていませんでしたからね。モズアスコットはまだ終わっていないと思っていたので、それを証明出来たことは本当に嬉しく感じます」

 一気にダートの頂点に立つのか? 伯楽が次はどんなカードを切ってくるのか。

 今後の動向に注目したい。

関連記事

BACK 1 2 3
モズアスコット
矢作芳人
クリストフ・ルメール

競馬の前後の記事

ページトップ