F1ピットストップBACK NUMBER

本田宗一郎の名言を胸に。
F1に挑む日本人メカニック秘話。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2020/02/02 20:30

本田宗一郎の名言を胸に。F1に挑む日本人メカニック秘話。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

左から新木、白幡、吉田。1、2、3の指の本数は所属するカテゴリーのF1、F2、F3の意味。

現在の新木はF3のメカニック。

 日本で数年レースチームのメカニックとして経験を積んだ後、'16年末に渡英。語学学校へ通いながら履歴書を送り続けるも、なかなか良い返事をもらえなかったときに、手を差し伸べたのが先にイギリスに来ていた吉田だった。

 '16年にオランダのチームで働いていた吉田は、'15年にイギリスで仕事をしていたときのチームメートであるジンバブエ人の友人を紹介。吉田の仕事ぶりから日本人の熱心さを評価していたその友人が、新木の採用をチームに進言してくれた。'17年からイギリスのチームに雇われた新木は、現在F3のメカニックとして活躍している。

「いつF1から誘われてもいいよう、準備はできています。もちろん完璧ではないところもまだありますが、声がかかれば行きます。もう、F1は手が届かない夢の世界ではないと思っていますから」(新木)

チャレンジして失敗を恐れるよりも。

 自分の背中を見て後を追ってきた2人の日本人メカニックの活躍に、白幡も目を細める。

「彼らがF1にステップアップして、一緒に仕事ができたらいいですね。もしそれが別のF1チームだったら、そのときはライバルとして腕を競い合いたい。その日が来るまで、まだF1の世界で頑張りますよ」という白幡は、日本でF1のメカニックを目指そうとしている若者たちにこうメッセージを贈る。

「チャンスを待つのではなく、とにかくチャレンジしてほしい。例えば、日本人はすぐに英語ができるかどうかを気にしますが、私だっていまだに英語は完璧じゃない。きちんとしゃべれるようになるのを待っていたら、人生終わってしまいます」

 本田宗一郎の名言には、こんなものもある。

「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」

関連記事

BACK 1 2 3
本田宗一郎
白幡勝広
吉田直実
新木崇弘

F1の前後の記事

ページトップ