箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根の後、駅伝部は何をしているか。
新入生が入るまでの意外と忙しい冬。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/02/02 11:50

箱根の後、駅伝部は何をしているか。新入生が入るまでの意外と忙しい冬。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

箱根駅伝の終わりは、次のシーズンの始まりである。この終わらないサイクルが学生駅伝なのだ。

新入生の入寮、そして部屋割り。

 学生ハーフが終わると、いよいよ新入生たちが入寮してくる。

 大学によっては合宿を行うところもあるが、寮内合宿で上級生とコミュニケーションを取ることで新入生たちを寮生活に慣れさせ、4月からスムーズに部活動に専念できる環境作りをしている。

 また、各大学の寮の部屋替えのシーズンでもある。生活が少しだらしない選手を厳格な上級生と組ませたり、伸びそうな選手を意識の高い上級生と組ませたり、いろんな組み合わせを寮長らスタッフが考え、最終的に監督の承認を取る。

 レースで結果を出して個室になったり、故障や不調で二軍の寮に堕ちたり、寮内では悲喜こもごもの移動が起こるのだ。

 そうして4月、各大学のチームは新シーズンをスタートし、春のトラックシーズンに突入していくのである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3

陸上の前後の記事

ページトップ