SCORE CARDBACK NUMBER

開幕戦で千賀と投げ合う?
ロッテの新16番・種市篤暉。

posted2020/02/03 15:00

 
開幕戦で千賀と投げ合う?ロッテの新16番・種市篤暉。<Number Web> photograph by KYODO

昨季は4月29日の楽天戦でプロ初勝利。日本人最多タイの23イニング連続奪三振を記録するなど、8勝をマーク。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 63番にも愛着はあった。それでも10番台はプロの門を叩いたピッチャーにとっては憧れだ。今シーズンから16番を背負うマリーンズの種市篤暉はこう話した。

「でも、まだやれるんじゃないか、もっともっとできるんじゃないかと、いつも思っています。いいピッチャーを見ていて、自分に足りていないところ、できていないところが多すぎる。短期間で劇的に変わるわけじゃないんですけど、でも、これができたらもっといい球が投げられるのに、ということを考えながらキャンプを過ごしたいと思っています」

 プロ3年目を終えたばかりの21歳。八戸工大一高からドラフト6位で入団した種市はルーキーイヤーには一軍での登板はなく、2年目の8月、初めて一軍登録された。それでも7試合に先発して勝ち星はなく、種市はオフにある決断を下す。千賀滉大、吉見一起、美馬学、ソフトボールの上野由岐子らが指導を受ける鴻江寿治さんのトレーニング合宿に単身で参加し、自身の身体のタイプや使い方、目指すフォームのあり方を学んだのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 481文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビー再入門

Sports Graphic Number 996

ラグビー再入門

 

関連記事

千葉ロッテマリーンズ
種市篤暉
千賀滉大

プロ野球の前後の記事

ページトップ