Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<2023年への鼓動(1)>
早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。

posted2020/01/31 08:00

 
<2023年への鼓動(1)>早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。<Number Web> photograph by Aki Nagao

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Aki Nagao

臙脂の期待と伝統を背負い続けた4年間の果てに、真新しいナショナルスタジアムで凱歌を上げた。因縁深い紫紺の軍団を打ち破った11季ぶりの日本一。彼らの成長と可能性を指揮官の言葉とともに読み解く。(Number996号掲載)

 2020年1月11日。「国立」にラグビーが帰ってきた。

 新国立競技場で初めてのラグビー試合。5万7345人の見つめる中で行われた大学選手権決勝。勝利の雄叫びをあげたのは赤黒ジャージーをまとった早大だった。日本一になったときにだけ歌うことを許される早大の勝利の歌「荒ぶる」の歌声が、'08年度以来11季ぶりに響きわたる。その歓喜の歌声の中心に、3人の4年生がいた。

 主将にして正確無比なゴールキッカー、この日も全てのキックを成功させたSH齋藤直人。冷静沈着にゲームを組み立てながら、自陣からロングDGも狙う大胆で多彩なリードをみせたSO岸岡智樹。彼らからパスを受け、頑健な突進で相手防御網を突き破ったCTB中野将伍。

 復活を目指した早大にあって、3人の存在は際立っていた。齋藤はルーキーシーズンの初戦からこの日の決勝まで4年間、早大の全ての公式戦35試合(春季大会は含まず)に背番号9で先発した。岸岡は、2年時の初戦となった日体大戦を欠場したのみ、残る34試合で齋藤とペアを組んだ。中野は4年時にふくらはぎの肉離れで5試合を欠場したが、それまでは1年時の開幕戦を欠場しただけで皆勤を続けていた。3人は、赤黒ジャージーを象徴する存在だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4117文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

早稲田大学
齋藤直人
岸岡智樹
中野将伍
相良南海夫

ラグビーの前後のコラム

ページトップ