Number ExBACK NUMBER

サントリーの攻撃ラグビーとは何か?
SH流&SO田村熙が語るパスの極意。

posted2020/01/30 11:50

 
サントリーの攻撃ラグビーとは何か?SH流&SO田村熙が語るパスの極意。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

サントリーのSO田村熙。W杯で活躍した優を兄に持つ26歳は、代表入りも期待される逸材だ。

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 速いパスでボールを動かし、FWを交えた連続攻撃は縦に鋭い。互いに攻撃ラグビーを掲げるチーム同士の80分はあっという間に過ぎ去った――。

 ラグビートップリーグ第3節。王座奪回を目指すサントリーサンゴリアスは、早くもリーグ2敗目を喫した。昨季、順位決定トーナメントの決勝戦でぶつかった宿敵・神戸製鋼コベルコスティーラーズの、隙のないラグビーを前に29-35。あと一歩及ばなかった。

 結果を見れば「王者の風格」を見せつけられた格好となったが、それでもサントリーは随所に“らしさ”を示した。事実、この試合で先手を打ったのはサントリーSO田村熙(ひかる)だった。

 4分、SH流大からボールを受け取った田村は相手DFラインに生まれたミスマッチを突き、鋭いランで自らラインブレイク。学生時代はFBとして鳴らしており、「走れるのも自分の特徴」と語っていた10番は一気にインゴールへ飛び込んだ。

 その後も長短を織り交ぜたパスで攻撃にリズムを生み出し、名手マット・ギタウと交代する62分まで司令塔の役割を全うした。

サントリーが挑戦するチームの改革。

 2019-2020シーズン、W杯でジョージア代表を率いたニュージーランド人ミルトン・ヘイグ監督を招聘したサントリーは新しいチームを作り始めた。共同キャプテンとなったのは、SOマット・ギタウ、FL/No.8ショーン・マクマーン、そして日本代表の不動の9番となったSH流大だ。

 その流については、発売中のNumber996号「ラグビー再入門」で「流大の<操縦術>を見よ」を掲載。東芝ブレイブルーパスとの開幕戦後のインタビューで、司令塔と呼ばれるSHの役割とは何かを改めて掘り下げてもらった。そのインタビューの中で、新チームの方向性について以下のように語っている。

「昨年の決勝(順位決定トーナメント)で神戸製鋼に55点も取られて負けている。そこは忘れてはいけない数字。だから新チームのゴールのひとつとして『トップリーグの中で一番のディフェンスチームになる』と掲げました。時間はかかると思いますが、アタックと同様にディフェンスでもプライドをチームに植えつけていきたい」

【次ページ】 対策よりも、我が道を貫いて勝つ。

1 2 3 NEXT
流大
田村熙
サントリーサンゴリアス

ラグビーの前後のコラム

ページトップ