オリンピックへの道BACK NUMBER

失意の五輪落選直後に全日本制覇。
卓球・早田ひな「限界は作らない」。

posted2020/01/26 20:00

 
失意の五輪落選直後に全日本制覇。卓球・早田ひな「限界は作らない」。<Number Web> photograph by AFLO

今月19日、初めて全日本選手権の女子シングルス決勝に進出し、優勝を決めた早田。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 人は簡単に変わることはできない。

 でも変われる。

 そう感じさせたのは、卓球の早田ひなだった。

 1月13日から19日にかけて行なわれた全日本選手権で、伊藤美誠と組んだ女子ダブルスで3連覇を達成、そして女子シングルスでは念願の初優勝を遂げた。

 シングルスの戦いぶりを振り返ると、準決勝で伊藤を、決勝では石川佳純と対戦して勝利。東京五輪代表の2人を連破しての優勝であった。

 決勝では、これまでとの違いが見られた。持ち味の1つは、両ハンドの強打だが、それゆえに、ミスが出ることもあった。諸刃の剣だった。

 だが、力を抑えてコースを狙って打つ加減の仕方が、試合にはあった。

「70パーセントの力でコースを突く」

 そう心がけたという。

 こうしたプレー面での工夫があってつかんだ、初戴冠だった。

「平野選手、伊藤選手に続きたい」

 早田は伊藤と平野美宇と同じ、2000年生まれだが、早田だけ全日本のシングルスでの優勝を果たしていなかった。

「平野選手、伊藤選手に続きたいという思いはありました」

 今回、全日本優勝という実績では伊藤、平野に肩を並べることになった。

 そんな思いはあったにせよ、気持ちの面では難しい大会と見ることもできる大会だった。

 早田が目指していた東京五輪代表には、世界ランキングで日本勢上位2名となった伊藤、石川。そして大会を前にした1月6日には、団体戦メンバーとして平野が選出された。

【次ページ】 モチベーションをどう保つか。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早田ひな
伊藤美誠
石川佳純
平野美宇
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後のコラム

ページトップ