欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ピレスが語る、あの時のアーセナル。
ベンゲルの日本式指導と最高の仲間。 

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph byWakatake

posted2020/01/26 11:00

ピレスが語る、あの時のアーセナル。ベンゲルの日本式指導と最高の仲間。<Number Web> photograph by Wakatake

来日したピレスは、優しい表情で熱心に子どもたちを指導していた。

アルテタは必ず正しい方向に導く。

――そんな黄金期を知るあなたから見て、リーグ10位に低迷する現在のクラブはどう映っていますか。

「どんなチームでも、長期政権のあとは大変だよ。特にカリスマ性を持つ監督の後任の仕事は難しい。それはユナイテッドを見ても分かるはずだ。私の口から言えるのは、ミケル(・アルテタ)は素晴らしい指導者だということだ。私は彼の仕事を間近で見ているし、頻繁に連絡をとっているが、彼の成功を確信しているよ。

 実際に印象的な出来事もあった。つい最近のプレミアでも、前半の内容が全くダメだった試合がある。それをミケルがハーフタイムに檄を飛ばし、スイッチを入れた。すると後半は別のチームのように見違え、試合に勝つことが出来たんだ」

――無敗優勝を果たしたチームにあって、現在のアーセナルに欠けていると感じるものはありますか。

「時代が違うからなんとも言えないが、あの当時は多くの優秀な選手がいたし、アーセンの戦術も時代にハマった。だが、現在のチームにもオバメヤン、ラカゼット、ペペ、セバージョスら才能ある選手が揃っている。ほんの少しのキッカケでチームは変わるし、ミケルは必ず正しい方向に導いてくれるはずだ。あの頃のように強いアーセナルに戻ることを願っている」

――将来的にあなたがクラブで指揮を執ることを期待しているファンも多いかと思います。

「そういった声があるのは嬉しいね(笑)。ただ、今のところは解説やアーセナルのアンバサダーで満足しているんだ。今は充実した日々を過ごしているよ。だから監督などは今のところ具体的には考えていない。ただ、もしそういった機会があればやりたいという想いは持っているよ」

(取材協力/ワカタケ)

関連記事

BACK 1 2 3
ロベール・ピレス
アーセン・ベンゲル
ティエリー・アンリ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ