大相撲PRESSBACK NUMBER

大相撲初場所の見どころは?
高き壁・白鵬に朝乃山、高安ら挑む。

posted2020/01/11 20:10

 
大相撲初場所の見どころは?高き壁・白鵬に朝乃山、高安ら挑む。<Number Web> photograph by Kyodo News

朝乃山(左)が出稽古に来た高安(右)と向き合う。ふたりとも仕上がりは上々とのこと。

text by

荒井太郎

荒井太郎Taro Arai

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 平成から令和へと元号が変わった昨年納めの場所を制したのは、34歳の横綱白鵬だった。

 世代交代が叫ばれている昨今だが、43度目の優勝を果たした先場所の相撲内容を見る限り、他の力士との実力差は依然として大きな開きがあると言わざるを得ず、いまだ若手にとって大きな壁として立ちはだかっている。

 遠藤戦のかち上げは物議を醸したものの対戦相手によってさまざまなバリエーションを見せる立ち合いからは、強さだけでなく誰よりも研究熱心であることも垣間見える。1月6日に行われた横審稽古総見では先場所唯一、黒星を喫した新小結の大栄翔を稽古相手に指名すると計12番。右からかち上げて相手の出足を封じて四つに組み止めるといった万全の内容で圧倒した。

現役最強ではあるが幕内最古参の白鵬。

 場所前の調整ぶりから白鵬にこれと言った死角は見当たらない。しかし、連覇となると2年半前の平成29年7月場所まで遡らないといけない。しかも39回目の優勝を果たしたこの場所以降、賜盃を抱いた翌場所は休場というパターンが続いている。

 現役最強ではあるが幕内最古参でもあり、優勝で場所を締めたときの代償は体力的にも小さくなく、ケガや疲労からの回復力が全盛期に比べて衰えているのかもしれない。

 また、前半で星を1つ、2つ落とすとモチベーションが大きく低下するのか、休場を決め込む傾向にもある。

 新たに「優勝50回」という目標を公言したが、適度に休場を挟みながら万全に仕上げた場所のみに出場していけば、その良し悪しはともかく不可能な数字ではないだろう。

【次ページ】 横綱鶴竜は「年6場所皆勤」目標。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

白鵬
鶴竜
朝乃山
貴景勝
高安
大栄翔
北勝富士
御嶽海
亜炎

相撲の前後のコラム

ページトップ