才色健美な挑戦者たちBACK NUMBER

ソチで涙の棄権欠場を経験した
伊藤みきがそれでも前向きな理由。 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2020/01/15 11:00

ソチで涙の棄権欠場を経験した伊藤みきがそれでも前向きな理由。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

ソチオリンピックで味わった悔しさ。

 結局、ソチオリンピックは怪我で出場することもできなくて。でも、自分の願いが叶わなかったから見えるものがあるって気が付いたんです。

 大会中はオリンピックまで来たのに滑れない、大会後は手術をして、リハビリもしないといけない辛い現実がありました。だけどずっと泣いてばかりいても仕方ないじゃないですか。そこで、毎日、その日一番楽しみなことを思い浮かべてワクワクするようにしていました。歩けないので、コーチが選手村から部屋までご飯を持ってきてくれるのですが、今日は何のご飯を選んでくれたんだろうか、とかそんな小さなこと。だって、嫌なことを考え始めると、その気持ちって連鎖するじゃないですか。逆に楽しみなことを考えているとワクワクが派生して、明日はどうしようとか、2日後は何しようとか、前向きに考えていける。

 そのために私はできる、できないを考えるのではなくて、なんでもやってみようと心がけています。だって、いろいろ考えていても、行動してみないと何も分からないから。特に競技を引退してからは、生きている時間ってそんなに長くないな、だったら興味があることはやった方がいいなって思っています。

憧れはなんでも楽しくできる人。

 経験がなくても面白そうだったら、とりあえずやってみる。ゴルフもそうですし、先日はバックカントリーに誘ってもらって、面白そうだったので、そこから道具を揃えて。道具を揃えるのは大変だと思うかもしれませんが、考え方を変えれば、道具は揃えられるけど、人が誘ってくれたり、思いもつかないことが経験できるチャンスって、自分では揃えられないじゃないですか。だから、いつでもチャンスに乗れるように、心と体の準備をしておきたい。

 私が憧れる女性って、なんでも楽しくできる人なんです。ときには失敗したり、痛みもあるけれど、行動をし続ける人。自分の人生、せっかくこの体に生まれてきたんだから、今あるものを一つでも多く輝かせた方がいいじゃないですか。そんな人になりたいと思っています。

伊藤みき

伊藤 みきMiki Ito

1987年7月20日、滋賀県生まれ。3歳からスキーを始め8歳でモーグルに転向。高校3年時の'06年にトリノ五輪に出場、'05-'06年シーズンのルーキーオブザイヤーに輝く。'10年バンクーバー五輪にも出場。'12-'13シーズンはW杯猪苗代大会で初優勝、その後ノルウェーで開催された世界選手権モーグル、デュアルモーグル両種目で銀メダルを獲得し大ブレイク。'14年ソチ五輪は日本代表に選出されるも怪我で棄権。'19年に現役引退。プライベートでは'18年に結婚。現在はスキー界に貢献するために幅広く活動中。

ナビゲーターの俳優・田辺誠一さんがアスリートの「美学」を10の質問で紐解き、そこから浮かび上がる“人生のヒント”と皆さんの「あした」をつなぎます。スポーツ総合誌「Number」も企画協力。

第90回:伊藤みき(スキー・モーグル)

1月17日(金) 22:00~22:24

元モーグル選手の伊藤みきさんは'06年トリノ、'10年バンクーバーと2大会連続で冬季五輪に出場。'14年ソチも代表に選出されるも直前の怪我で無念の棄権。'19年に現役を引退。何度も夢見た五輪への思いから現在の日常生活まで、オフショットを交えて彼女の美学を紐解きます。

第91回:新城幸也(ロードレース)

1月24日(金) 22:00~22:24

自転車ロードレースの新城幸也選手は'09年に日本人として初めて「ツール・ド・フランス」を完走。現在も欧州をはじめ世界で活躍し続けるレジェンドです。予想外だった自転車競技との出会いから世界トップクラスで戦い続ける秘訣、大事なパートナーについてなど10の質問でその素顔に迫ります。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ