松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

競技生活3カ月で日本代表選手に!?
当時の伊藤の練習方法に修造、困惑。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/01/14 11:00

競技生活3カ月で日本代表選手に!?当時の伊藤の練習方法に修造、困惑。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

パラテコンドー選手の伊藤力さんの話を聞けば聞くほど困惑していくことに……。

「なかなかのブラック企業だなって(笑)」

松岡「ちょっと、どうなってんの! いったい誰に教わるんですか」

伊藤「パラテコンドーのコーチが2人いて、選手は僕を含めて3人。僕以外の2人は結局、パラの資格に当てはまらなくて、残ったのは僕1人でした。2泊3日の合宿の最後に面談をして、4月にアジア選手権があるから頑張れと」

松岡「えっ、整理すると、1月の合宿で初めてパラテコンドーを習って、3カ月後にはアジア選手権に出るんですか。その状況をどう捉えました」

伊藤「なかなかのブラック企業だなって(笑)。でも、パラの資格に当てはまるのが僕しかいないから、とりあえず出てもらいたいと。北海道に帰って奥さんに話をしたら、さすがに驚いてました」

松岡「そりゃ驚きますよ。岡本さんもいないし、選手もいないし、いきなりアジア選手権って。練習はどうしたんですか」

伊藤「とりあえずランニングを追加しました」

松岡「へへへ。もう笑って良いですか。何やってんの。そんな日本代表いますか」

伊藤「それと、メルカリでミットを1本買いました。奥さんに持ってもらって、家でこうやって(蹴る真似をする)」

「韓国もパラテコンドーでは後進国なんです」

松岡「普通は協会が映像を用意したり、課題を出したり、北海道へ帰ったらこの道場に行ってくださいとか、指示を出すものでしょ。それなのに、奥様にミットを持たせて、そこに向かって蹴っていたんですか」

伊藤「たまにパンッて良い音がすると気持ち良くて。奥さんも『やらせて』って(笑)」

松岡「そんなところからスタートしたんですか……。テコンドーは韓国のお家芸で、日本を含めたアジアが強い印象がありました」

伊藤「ところが、韓国もパラテコンドーでは後進国なんです。なぜかというと、韓国も日本も障がい者スポーツ自体の取り組みが遅れているから。支援もそうだし、理解についても追いついていない。4月のアジア選手権も、集まった選手は8人だけでした。韓国代表も1人いただけです」

松岡「でも、さすがにその韓国の選手は強かったでしょ。韓国にはテコンドーの道場がいくらでもあるし、腕をケガしてパラに回った選手もいるはずです」

伊藤「それがですね、その韓国の選手は全然強くなかったです。2017年に僕の方が勝ちました」

松岡「ええっ(困惑)。サッカーを趣味でやっていた人が勝っちゃったんですか」

伊藤「勝ちました。韓国も強い選手が出てきたのはこの1年くらいです。その当時の映像が確か、スマホにありますね。見ますか?」

【次ページ】 「蹴り方がまだサッカーです」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
伊藤力
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ