Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2020の門出に想いを込める>
瀬戸大也、松岡修造、Number編集長らが
2020年の抱負を“書初め”ツイート。

posted2020/01/17 11:00

 
<2020の門出に想いを込める>瀬戸大也、松岡修造、Number編集長らが2020年の抱負を“書初め”ツイート。<Number Web> photograph by Getty Images/Wataru Sato

text by

福田剛

福田剛Tsuyoshi Fukuda

PROFILE

photograph by

Getty Images/Wataru Sato

いよいよ待ちに待ったオリンピックイヤーが幕を開けた。2020年をどんな年にするのか。Twitter上に広がるトップアスリートや『Number』関係者の抱負を紹介!

 2013年9月7日、アルゼンチン・ブエノスアイレス。五輪開催地の発表を待つ会場で、IOCジャック・ロゲ会長(当時)が「TOKYO」と読み上げた瞬間、静寂が一転し、咆哮ともいうべき歓喜の声が上がった……。

 あれから6年超、2020年の今年、いよいよ東京にオリンピック・パラリンピックがやってくる。

 日本にとって歴史的な年をアスリート、そしてスポーツに携わる人達がどんな想いで迎えるのか。先人達が墨を磨り、紙にしたためた年初の決意もいまやツイートする時代。今年は自分の指先を筆代わりに、書初めのように想いを綴ることができる「2020ガチ抱負ゆる抱負ジェネレーター」が登場。Twitter上には数多の“ガチ抱負”と“ゆる抱負”がツイートされている。その中から注目の抱負をピックアップした。

 4年前にはリオオリンピックの競泳400m個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也は、「金メダル」と力強い書体でこの4年間の集大成を誓う。

 女子ウエイトリフティング日本代表として4大会連続オリンピック出場を果たし、2大会連続でメダルを獲得した三宅宏実の目標は、「トータル207kg」。5大会目となる東京に向け自己ベストを目指す。

 ガチ抱負勢と一線を画すゆる抱負を掲げているのが、ノルディック複合の銀メダリスト、渡部暁斗だ。「おいしいカレーを作る」と、今は料理の腕を磨く。

 '18年の平昌オリンピックで日本女子スピードスケート史上初の金メダリストとなった小平奈緒は「未知の領域へ」と2年後の北京オリンピックへ向け、さらなる高みを目指す。

【次ページ】 松岡修造のガチ抱負は?

1 2 NEXT
瀬戸大也
三宅宏美
渡部暁斗
小平奈緒
阿部一二三
松岡修造
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ