セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAの“忘年会事情”が面白い。
着こなしで「8点」の高評価は誰だ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/12/25 15:00

セリエAの“忘年会事情”が面白い。着こなしで「8点」の高評価は誰だ。<Number Web> photograph by Getty Images

ユベントスの忘年会、つまりはクリスマスパーティーの一幕。ブッフォンやキエッリーニらも洒脱な装いだ。

クリスマスや忘年会の意義とは。

 クリスマスディナーや忘年会の意義とは何だろう。

 イタリアでも日本でもいいなと思うのは、功績があり表彰される社員、会長から直々に記念品を授与される職員の方々の晴れがましい顔を見たときだ。裏方さんの労をねぎらうという精神は、日本人にも共感しやすい。

 営業の商談やグッズ在庫の整理といった実務で汗をかく人たちが、もてなされる立場になる。普段きらびやかな日常を生きるスターや会長らと、近所のスーパーの特売ちらしに血眼になる一般職員が、おめかしをして“同じ目線”のテーブルを囲む。そうした機会は年に一度のクリスマスディナーしかない。人生の張りというやつだ。

 選手はもちろん監督やスポーツ・ディレクターも、長くて数年しかいない渡り鳥だが、オフィスや練習場で働く職員たちは地元の人間が多い。彼らが愛着をもって働くクラブはやはり職場の雰囲気がいい。

 クリスマスディナーは宗教カレンダーにのっとったイベントだから、会社の経営規模やポリシーが変わることがあっても、今後も慣習としてなくなることはないだろう。大事な業務の一環だからこそ、お酌も新人社員の余興もないし、2次会、3次会で酔い潰れる社員もいない。

 インテルもユーベも忘年会は平日、月曜や火曜の夜だった。

 もちろんサッカークラブにとって業務の本番は週末ということもあるが、それぞれの職員たちは翌日も平気で早朝出勤して、普段通り仕事に励んだ。豪華メニューも高級ワインも昨日で終わった話。来年の忘年会に向けて、彼らは新しい1年を始める。

関連記事

BACK 1 2 3 4
インテル
ユベントス
ナポリ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ