ラグビーPRESSBACK NUMBER

選考基準は、デカいか、速いか。
「日本ラグビーは君に注目している」

posted2019/12/21 08:00

 
選考基準は、デカいか、速いか。「日本ラグビーは君に注目している」<Number Web> photograph by Masataka Tara

8月に菅平で行われた「ビッグマン&ファストマン キャンプ」の様子。今回はどんな“一芸”が見つかるか。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Masataka Tara

 未完の大器を見つけ出せ――。

 日本ラグビー協会のユニークな人材発掘が第3回を迎える。

 未完成だが有望なサイズ、スピードを持つ全国の無名選手を集め、最先端のプログラムを指導する高校世代の人材育成合宿。通称「ビッグマン&ファストマン キャンプ」(Bigman&Fastman Camp)だ。
 
 U17日本代表の経験者はいない。

 ラグビー無名校の出身者も少なくなく、ラグビーを始めて半年に満たない者もいる。

 しかし図抜けたサイズを持っている(ビッグマン)、もしくはスピード系の能力が抜群(ファストマン)。

 そんな一芸に秀でた原石を全国から選りすぐり、2019年度の第6回TID(Talent Identification=人材発掘・育成)キャンプとして、12月21日から23日まで、京都・同志社大学京田辺キャンパスで合宿を行う。

スキーのジュニア王者、1回戦負けのプロップ。

 今回参加する31人の高校生は、まさに原石だ。

 競技歴は2年だが、中学時代にアルペンスキーの宮城県代表としてジュニア・オリンピックに出場した187cmのフランカー。

 福岡からは、高校1年生ながら189cm124kgの巨漢ロック。福島からは、県予選1回戦で敗れたチームの181cm 119kgのプロップがやってくる。

 東京のインターナショナルスクールには、最近までアメフトでアメリカ留学をしていた196cm130kgの高校2年生がいた。ラグビー歴はわずか3カ月だ。

 キャンプ開催に尽力したのは、高体連ラグビー専門部副部長・天野寛之氏。企画した発起人は、元日本代表でラグビー解説者として知られる日本ラグビー協会リソースコーチの野澤武史氏だ。

「昨年4月頃から『身体の大きい選手、速い選手だけを集めてやってみよう』と動き出し、その年の12月に第1回を行いました」(野澤氏)

 選考基準は、デカいか、速いかだ。

「プロップでは体重115キロ以上、ロックは身長190センチ以上、バックスは立ち幅跳びが280センチ以上か、40メートル走が5.0秒以内にそれぞれ準ずる選手です」

【次ページ】 可能性を秘める一芸を。

1 2 3 NEXT
天野寛之
野澤武史
木津悠輔

ラグビーの前後のコラム

ページトップ