卓球PRESSBACK NUMBER

勝っても負けても涙の日本女子卓球。
石川佳純と平野美宇が通った修羅の道。 

text by

高樹ミナ

高樹ミナMina Takagi

PROFILE

photograph byZou Zheng/Xinhua/AFLO

posted2019/12/17 20:00

勝っても負けても涙の日本女子卓球。石川佳純と平野美宇が通った修羅の道。<Number Web> photograph by Zou Zheng/Xinhua/AFLO

「ノースアメリカンオープン」で優勝した時の石川佳純。平野美宇は「(カナダでの負けで)気持ちの整理はついていました」と告白。

最終目標は力を合わせて打倒中国&金メダル!

 そして、ロンドン五輪で団体銀メダル、リオ五輪で団体銅メダルを獲得し、2020年東京五輪を自身の集大成と位置づける石川は言う。

「オリンピックの代表選考レースは毎回レベルが上がっていて、自分自身、何回も諦めそうになりましたけど、『何とかもう一日頑張ってみたら?』という周りの支えがあって続けてこられました。本当に苦しいレースだったので、今までで一番成長できていると思います。シングルスに出れなかった人のぶんも頑張らなきゃいけないという責任を今、すごく感じています」

 10代の若い才能が次々と芽吹き、選手層が厚くなっている日本の卓球競技は五輪で勝つよりも国内選考を通る方が難しいといわれる。その狭き門をくぐり抜けた精鋭たちは戦いの舞台をいよいよ来夏の2020年東京五輪へ移す。

 年明け1月6日の代表メンバーの正式発表が済めば、代表争いで火花を散らしたライバルも力を合わせて戦う仲間となる。日本が目指すのは世界最強の中国を倒し、悲願の金メダルを持ち帰ること。彼女たちの本番はここから始まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
石川佳純
平野美宇
伊藤美誠
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ