熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

飛行機墜落から3年、降格で再び涙。
財政難シャペコエンセは甦るのか。
 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/12/08 20:00

飛行機墜落から3年、降格で再び涙。財政難シャペコエンセは甦るのか。<Number Web> photograph by Getty Images

浦和レッズが2017年に対戦した際にはシャペコエンセを励ます横断幕も出た。苦境にあるチームだが、復活を期待したい。

ブラジルの誰もが捲土重来を願う。

 チーム作りに関しては、財政難で大型補強が不可能である以上、下部組織で育成した若手を積極的に起用するとともに、他クラブで埋もれている「安くて優秀な選手」を探し出して補強するしかあるまい。

 不幸な出来事によって、シャペコエンセは世界的な知名度を持つクラブとなった。

 ブラジルでは、「すべてのファンのセカンド・チーム」と言われ、誰もがシャペコエンセの捲土重来を望んでいる。

 来年、セリエBでも厳しい戦いが続くだろうが、できるだけ早いセリエA復帰を目指してほしい。

 3年前に号泣し、今年また涙を流した心やさしいシャペコの人々に、早く笑顔が戻ってくることを願っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
シャペコエンセ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ