Number on NumberBACK NUMBER

世界記録と日本記録。
~マラソン、世界との差は?~

posted2019/11/26 07:00

 
世界記録と日本記録。~マラソン、世界との差は?~<Number Web> photograph by AFLO

コスゲイは2年連続でシカゴマラソンを制覇。2018年の優勝タイムは2時間18分35秒で、4分以上更新したことになる。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 マラソンは陸上競技の中で、世界記録が大幅に塗り替えられてきた種目だ。2000年以降で男子の世界記録は8回にわたって更新されてきた。女子のほうは'03年に英国のポーラ・ラドクリフが出した2時間15分25秒が破られないままだったが、'19年10月13日のシカゴ・マラソンで、ケニアのブリジット・コスゲイが、2時間14分04秒を記録して、16年ぶりに大きく世界記録を塗り替えた。

 ラドクリフの記録はロンドン・マラソンで出したものだが、'03年は男女混合のレースだったため、男子選手をペースメーカーにして走ることができた。コスゲイも男子のペースメーカーがいたレースで、ラドクリフの2時間15分台、コスゲイの2時間14分台は、男女混合レースという条件つきの記録ではあるが、女子だけのレースでも、'17年4月23日のロンドン・マラソンで、ケニアのメアリー・ケイタニーが2時間17分01秒を出していて、記録は伸びている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1983文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

エリウド・キプチョゲ
ブリジット・コスゲイ
大迫傑
野口みずき

陸上の前後のコラム

ページトップ