有料記事一覧ページ新設のお知らせ

ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

田村潔司へ「真剣勝負してください」
拳王“コラコラ問答”と中邑の記憶。

posted2019/11/23 18:00

 
田村潔司へ「真剣勝負してください」拳王“コラコラ問答”と中邑の記憶。<Number Web> photograph by Essei Hara

11月2日、場外での拳王を見つめる田村潔司と長州力。11月9日には、拳王はかつて田村が高田延彦に発したセリフを真似するように挑戦状を叩きつけた。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 プロレスリング・ノアの反体制ユニット「金剛」のリーダー、拳王の発言が波紋を呼んでいる。

 拳王はノア11.2両国国技館大会で清宮海斗の持つGHCヘビー級王座に挑戦。30分を超える激闘の末に敗れたものの、ノア年間最大の舞台で堂々メインを張った、団体を牽引する存在。その拳王が再起戦となる11.9大阪大会のメインで勝利したあと、マイクをにぎり「田村潔司、俺と真剣勝負してください!」と、“孤高の天才”田村潔司に対し、突如、宣戦布告を行ったのだ。

 田村潔司といえば、1989年に新生UWFでデビュー。その後、UWFインターナショナルを経て、'90年代後半には前田日明率いるリングスでエースに君臨。2002年からはPRIDE、HERO’S、DREAMなど総合格闘技のリングでも活躍した生粋のUWF戦士だ。

 田村とノアは、これまで接点らしい接点はなかったが、田村がノアの9.16大阪大会をリングサイド最前列で観戦したのをきっかけに急接近。ノアの親会社であるリデットエンターテインメントの鈴木裕之社長と会談後に要請を受け、11月1日付でリデット社の社外取締役&エグゼクティブディレクターに就任することが発表された。

田村が拳王の振る舞いを問題視。

 エグゼクティブディレクターとしての田村の当面の仕事は、リデット社における月数回のミーティングと意見交換など。今年に入り新体制となり、生まれ変わろうとしているノアとしては、現在の“プロレス村の常識”とは異なる見方をする田村の意見を聞くことで、内部の人間が気づかない部分の改善を図ろうということだろう。

 田村はディレクター就任後の“初仕事”として、11.2ノア両国国技館大会を同社会長の長州力とともに、リングサイド最前列で観戦した。そして大会終了後にコメントを求められると、清宮vs.拳王の試合中、場外に降りた拳王が本部席の長州力を睨みつけたことを問題視。「これはガチ目でイラ立ってるんですけど、拳王が長州さんをにらんだのなら、(その態度は)許せない」と発言し、『週刊プロレス NOAH 11.2両国国技館大会詳報号』での「レジェンドの大会総括」ページに掲載された。これをきっかけに、拳王が田村に噛み付いたのだ。

【次ページ】 “コラコラ問答”と禁句を使って挑発。

1 2 3 4 NEXT
プロレスリング・ノア
田村潔司
拳王
長州力
高田延彦
中邑真輔
棚橋弘至

プロレスの前後のコラム

ページトップ