プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

白覆面の魔王の必殺技「4の字固め」。
ザ・デストロイヤーが残したもの。

posted2019/11/19 11:40

 
白覆面の魔王の必殺技「4の字固め」。ザ・デストロイヤーが残したもの。<Number Web> photograph by Essei Hara

1993年7月28日、引退試合の1日前、馬場との最後の戦いを終えたデストロイヤー。互いに満身の笑みを浮かべて抱き合った。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~」と題した追悼試合が、11月15日、大田区総合体育館で行われた。

 デストロイヤーは今年3月7日、アメリカ・ニューヨーク州アクロンの自宅で亡くなった。88歳だった。2017年には長年に渡る日米青少年交流への貢献に対して旭日双光章を受けていた。

 ゆかりのレスラーの多くはもうすでに天国に旅立っている。デストロイヤーと大きな試合を戦ったレスラーは本当に少なくなってしまった。

大学院卒のインテリで賢いレスラーだった。

「ジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤー」という長いリングネームをデストロイヤーは好んだ。シラキュース大学の大学院で修士課程を終えているからマスターだ。そんなデストロイヤーが日本プロレスのリングに姿を現したのは、1963年5月17日、東京体育館で行われた第5回ワールド大リーグ戦決勝のリングだった。

 ここで、背広に白覆面といういでたちのデストロイヤーは、これから力道山と決勝戦を戦う長身のキラー・コワルスキーに張り手をくらわした。コワルスキーと言えば、ニードロップでユーコン・エリックの耳をそぎ落として、殺人鬼の異名さえあった。そのコワルスキーをこのビンタ1発で食ってしまった。

 背広に白いマスクをつけたデストロイヤーは、「何者だ?」と思わず周囲に思わせる恐ろしい雰囲気があり、自信に満ち溢れすごく格好良く見えた。

 当時、ロサンゼルスやサンフランシスコといった西海岸地区で勢力を拡大していたWWAのリングで、デストロイヤーは、あの噛みつきの吸血鬼フレッド・ブラッシーを破って、初の覆面世界チャンピオンになっていた。そして、東京で力道山の挑戦を受けることになった。

 力道山はブラッシーと前年までWWA王座を争って遺恨があった。デストロイヤーはそのブラッシーを破った男で覆面をつけているのだ。

【次ページ】 みんなが真似した足4の字固め。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ザ・デストロイヤー
フレッド・ブラッシー
力道山
ジャイアント馬場
武藤敬司
桜庭和志
和田アキ子
獣神サンダー・ライガー
宮原健斗
SANADA

プロレスの前後のコラム

ページトップ