Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<王者が選ぶ珠玉のファイト>
村田諒太「僕が衝撃を受けたKOベスト10」

posted2019/11/19 15:00

 
<王者が選ぶ珠玉のファイト>村田諒太「僕が衝撃を受けたKOベスト10」<Number Web> photograph by Getty Images

フェリックス・トリニダードvs.フェルナンド・バルガス。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

現役王者にして無類のボクシングマニアが、20年の観戦歴から選び抜いた極上の10戦。熱く濃いKO語りを、いざお楽しみあれ。(Number990号掲載)

 村田諒太は自他ともに認めるボクシングマニアである。中学2年から現在まで、WOWOWの長寿番組『エキサイトマッチ』は毎週欠かさずチェックしており、取り寄せた映像などを含めれば少なくとも2000試合以上は見ている計算になる。

 特に中学から高校にかけてが「一番、見まくっていた」時期だとか。高校1年のとき、オスカー・デラホーヤの前座で登場した世界的にはまだ無名のマニー・パッキャオに心を打たれた。強打のレーロホノロ・レドワバを倒して2階級制覇達成。2つ上のボクシング部の先輩に「すげえいい左ストレートを打つんですよ」と興奮気味に伝えたことを今も鮮明に覚えているという。

 そんなWBA世界ミドル級チャンピオンが挙げた私的「衝撃KOベスト10」。単純に“凄かった”だけでは選ばないのがツウ。“名勝負”“試合の意味合い”という括りもつけたうえで、マニア中のマニアがセレクトした珠玉のファイトとは――。

第1位 2000.12.2
アメリカ・ネバダ州 マンダレイ・ベイ
WBA・IBF世界スーパーウェルター級王座統一戦
WBAチャンピオン フェリックス・トリニダード○(TKO 12回)×IBFチャンピオン フェルナンド・バルガス
(全勝対決。トリニダードは初回に2度ダウンを奪うが、4回には逆に奪い返される。一進一退で進んでいくなか、最終12回に3度ダウンを奪ってTKO勝利を収める)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5999文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

村田諒太

ボクシングの前後のコラム

ページトップ