Number ExBACK NUMBER

3度のKO負けから再起の八重樫東。
「試合がしたくなくなったら終わり」

posted2019/11/15 18:00

 
3度のKO負けから再起の八重樫東。「試合がしたくなくなったら終わり」<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

キャリアで喫した3つのKO負けの記憶は、今も八重樫東の頭の中にしっかりある。それでも、戦う気持ちは残っていた。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

 初めてのインタビューとは思えないほど、話は弾んだ。

 10月下旬の某日午後。まだ、ひとけのない大橋ジム。

 リング脇にパイプ椅子を並べて、八重樫東と向き合った。

 背は低いが、体はぶ厚い。インタビューに先だって行われた写真撮影のときは表情に緩みがなく、無精ひげを生やした顔はどちらかというと強面だったが、話し始めた途端に滲み出る謙虚さや人の良さや愛嬌が、数秒前までの緊張感をひと拭いに消し去った。

「KO」をキーワードとしたNumber990号(11月14日発売)、ボクシング特集の一角で、八重樫が登場する記事にあてがわれたテーマは「KO負け」。34戦のプロキャリアの中で、それを3つ喫している。

 24戦目のローマン・ゴンサレス戦。

 25戦目のペドロ・ゲバラ戦。

 31戦目のミラン・メリンド戦。

 いずれもキャリア後半の完敗だから、話題はおのずと進退におよんだ。

 はっきりと口にすることを嫌う現役アスリートも多い「引退」の言葉を、八重樫は何の悲壮感もなく語った。むしろ、時折、笑顔を交えながら、屈辱的な負けから再起してきた理由を明かした。

「どうなったら終わりなんですか?」

 やさしさに甘え、つい、突っ込んだ質問もできてしまう。

「八重樫東のボクサー人生は、どうなったら終わりなんですか。『これができなくなったら終わり』というような、基準のようなものが自分の中にありますか?」

 インタビュアーが繰り出した右ストレートにも動じない。考え、浮かんだことを、口にする。

「何だろうな。何もないとは思うんですけど……。自分の中では、試合がしたくなくなったら終わりなんだろうなと思います。感覚的なものですけど、やめるときって、『あ、もういいや』って思うときだと思うんです」

【次ページ】 何カ月も練習しなかった日々の記憶。

1 2 3 4 NEXT
八重樫東
黒田雅之

ボクシングの前後のコラム

ページトップ