格闘技PRESSBACK NUMBER

井上尚弥とドネアの12ラウンド。
裏切られた期待の先にあった奥深さ。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2019/11/08 12:00

井上尚弥とドネアの12ラウンド。裏切られた期待の先にあった奥深さ。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

右まぶたをカットするアクシデントも乗り越え、3-0判定勝ち。百戦錬磨のドネア相手に「強さ」を見せつけた12ラウンドだった。

「大きく成長できた12ラウンド」

 だが、モンスターはやはりモンスターである。ぐらついても崩れない耐久力、ひるまずに反撃に転じる心の強さをここで見せた。

 11回、右アッパーからの左ボディーでついにダウンを奪う。たまらずうしろを向き、リングを半周ほどして膝をついたドネア。レフェリーはそこからカウントを取り、ドネアはぎりぎりで立ち上がった。

 井上陣営の大橋秀行会長は試合後、苦笑いで振り返った。

「11回のダウンは10カウントだったんじゃないかな。20秒ぐらいは経っていたと思うんですけど(笑)。まあ、それはよかったっていうか、12回も尚弥は倒しにいったし、ドネアと打ち合ってまた尚弥が大きく成長できた12ラウンドだったと思います」

 ドネアはダウン後のピンチの中でもパンチに力を残し、全てをひっくり返す左フックを狙い続けていた。極限の緊張と興奮の中に身を置いた時間がどれだけ今後の井上の糧になるか。それが分かっているから大橋会長はそう言ったのだろう。

「アクシデントを乗り越えて、いろんな技術を見せ、気迫も見せた。初めて見た人も『これがボクシングか』と喜んでくれたんじゃないか」

試合後に漏らしたモンスターの本音。

 テレビ中継のゲストで会場を訪れたWBA世界ミドル級王者の村田諒太は「いい試合だった。ドネアの頑張りが感動する試合を生んだ」と語り、12回の防衛歴がある元WBC世界バンタム級王者の山中慎介も「井上君の“強さ”がドネアの“キャリア”を超えると思っていたが、やっぱりドネアはドネアだった」と印象を語った。

 ドネアの予想以上の奮闘がこの大熱戦を生んだのは間違いない。だが、早期KO決着ではなかったことで井上が証明したものもまた多かった。

「これがボクシング。これが僕の実力。こんな内容じゃ世代交代と言える内容じゃないけど、また期待してください」

 あらためて、僕らがこの試合に求めていたのは何だっただろう。

 戦前の期待はすっかり裏切られたが、期待を上回り、そしてどちらにも再び期待したくなる名勝負。

 ハイレベルな攻防があり、ときに歯を食いしばって打ち合うガッツがあった。ボクシングの魅力あふれる12ラウンド。それに魅了されたのは観衆だけではない。

 試合が終わった直後、井上自身がセコンドにこう言ったそうだ。

「楽しかったあ」と。

【秘蔵写真】死闘ドネア戦に70秒KO劇、細い高校時代の井上尚弥。ヤンチャなあの名ボクサーの若き日。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
ノニト・ドネア

ボクシングの前後のコラム

ページトップ