フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

宇野昌磨、フランス杯8位で涙。
「やはりコーチがいた方がいいのか」 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byJoosep Martinson - ISU/Getty Images

posted2019/11/05 11:30

宇野昌磨、フランス杯8位で涙。「やはりコーチがいた方がいいのか」<Number Web> photograph by Joosep Martinson - ISU/Getty Images

フランス杯で、ファイナルを含むシニアでのグランプリシリーズ13戦目で初めて表彰台を逃した宇野。

「やはり、コーチというものがいた方がいいのか」

 宇野本人も、フリーの後はこう語った。

「こうやって数試合経験して、やはり、コーチというものがいた方がいいのか。最初は全く分からなかった。でも、数試合経験することによって、断言はできないですけど、僕の弱さを少しでも一緒になって(補って)くれるコーチをつけた方がいいのかなって思っているところもあります」

 こののちスイスでステファン・ランビエールコーチと、ロシア杯まで調整を行うという。だがこのフランス杯で8位に終わったことで、今季のGPファイナル進出はほぼ絶望的となった。 

 宇野がこれから選ぶコーチは、おそらく一緒に2022年の北京冬季オリンピックに行くことになるだろう。選択に慎重になるのも無理はない。だが一日も早く、軌道修正をして宇野昌磨らしいスケートを取り戻して欲しいと願う。
 

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
宇野昌磨
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ