沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

天皇賞・秋、2強の優先順位は?
歴史的名牝か伸び盛りの3歳か。
 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2019/10/26 19:00

天皇賞・秋、2強の優先順位は?歴史的名牝か伸び盛りの3歳か。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

2019年は2戦1勝のアーモンドアイ。昨年の圧倒的な強さを再び発揮することはできるか。

ルメール「この馬が一番強い」

 最終追い切りを見た国枝調教師は「アーモンドアイの動きはできている」と話し、騎乗したルメールは「この馬が一番強い」と余裕の笑みを見せた。

 昨年は、レースばかりでなく、追い切りの直線でも何度か手前を替えることがあったが、今回は、直線入口で右手前にスイッチしてから、併せ馬のパートナーをかわし切るまで手前を替えなかった。

 もともと騎手も気にしないほどの動きだったが、以前より余計な動きをしなくなったプラス面と見ていいだろう。

 引き当てたのは1枠2番。どの枠からでも結果を出しているが、驚異的なレコードを叩き出したジャパンカップのときが1枠1番だったことを考えると、これも好材料だ。

相手はサートゥルナーリア。

 現時点でも歴史的名牝と言っていいアーモンドアイであるが、だからといって、ここも楽勝ムードというわけではない。

 自身を含めてGI馬が10頭という豪華メンバーで、なかでも、前走の神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリア(牡3歳、父ロードカナロア、栗東・角居勝彦厩舎)は、今が伸び盛りであるだけに怖い相手だ。

 無敗のままホープフルステークスと皐月賞を制覇。ルメールが騎乗停止となったためダミアン・レーンに乗り替わったダービーこそ出遅れて4着に敗れたが、前走でさらに成長した姿を見せた。

 主戦のルメールがアーモンドアイを選んだ格好になり、それも評価基準としていいと思うのだが、替わって騎乗するのが日本の競馬をよく知っている名手クリストフ・スミヨンだから、マイナスとは言えない。

 スミヨンは、この馬の半兄エピファネイアでジャパンカップを完勝しており、この血統の持つ難しさも理解している。

 5枠10番という、後入れの偶数枠は歓迎だろう。ダービーも偶数の6番枠だったが、スタンド前にゲートがあり、特別な雰囲気に呑まれて入れ込んだように見えた。今回、ゲートはスタンドから遠い引き込み戦の先にあるので、そのあたりの不安も軽減される。

【次ページ】 歴史に残る一騎討ちがみたい。

BACK 1 2 3 NEXT
アーモンドアイ
国枝栄

競馬の前後の記事

ページトップ