Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<歴史的名牝の始動>
アーモンドアイ「リミットは、まだ見えない」

posted2019/10/24 07:00

 
<歴史的名牝の始動>アーモンドアイ「リミットは、まだ見えない」<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

アーモンドアイと国枝栄調教師。「ピチピチの少女からずいぶんと女性らしくなりました」

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

満を持して主役がターフへと戻ってくる。臨むは強豪馬が集う、秋の天皇賞。「負けて強し」の安田記念から4カ月、未だ底を見せない日本最強馬を訪ねた。(Number988号掲載)

 昨年の牝馬三冠とジャパンC、そして今年のドバイターフを圧勝し、その強さで世界中を震撼させたアーモンドアイが、10月27日の天皇賞・秋で復帰する。ドバイからの帰国初戦となった安田記念で3着に敗れたあと、福島のノーザンファーム天栄に放牧に出され、9月26日、美浦トレーニングセンターの国枝栄厩舎に帰厩した。

「牧場でも何回か見ていましたが、シャープな感じになって戻ってきましたね。成熟して、風格も出てきた」と国枝調教師。スタート直後に他馬に寄られ、騎乗したクリストフ・ルメールが「5馬身ぐらいロスがあった」と話したほど大きな不利を受けた安田記念については、しかし、「これまでで一番強いと思うレースを見せてくれました」と振り返る。

「道中も他馬に蓋をされる格好になって、位置取りが悪くなった。直線で前が空かなかったのも、あの位置にいたからです。あれも競馬といえば競馬だけど、危惧していたことがそのまま出た感じだった。対照的に、勝った馬と2着の馬は、スムーズな競馬をしていましたね。アーモンドアイは体重も増えていたし、状態もよかった。終いの伸びを見ると、やっぱり、すごい馬ですよね。まあ、鼻差でも頭差でも勝っていればよかったんだけど、結果的には『負けた』という事実しか残らない。そういう意味では残念でした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2331文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

国枝栄
アーモンドアイ

競馬の前後のコラム

ページトップ