プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人、先発不足のうえに中継ぎ崩壊。
連敗からの日本一は2回だけだが……。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/10/21 11:50

巨人、先発不足のうえに中継ぎ崩壊。連敗からの日本一は2回だけだが……。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

7回、均衡を破るスリーランを放った松田は、お得意の“熱男”ポーズを決めた。

連敗から日本一に輝いたのは2回だけ。

 そういう意味では誤算といえば、シーズン終盤にようやく形になってきた中継ぎ陣がことごとく打ち込まれたことの方が深刻だった。

 初戦では田口麗斗投手が3安打3失点で1回も持たず、そして第2戦の大竹である。いずれも夏場以降に大事な場面でリリーフのマウンドに上がって結果を残してきた“勝利の方程式”の一員のはずだった。それが打ち込まれていずれも決定的な失点を許すこととなってしまっている。

 先発が6、7回まで試合を作ってあとは継投で逃げ込みを図るには、むしろリリーフ陣の再構築の方が懸案となるはずである。

 巨人が連敗スタートで逆転日本一に輝いたのは、過去8回のうちわずかに2回しかない。しかしその2回のうちの1回は2000年のON対決となった福岡ダイエーホークスとのシリーズで、その時は連敗から4連勝で日本一へと上り詰めている。

「やられたらやり返すということだけですね」

 試合後の三塁通路に響いた指揮官の声だ。

「日本シリーズは短期決戦だが、移動日があったり流れが変わるファクターが色々とある。そういう意味では長期戦の要素もある戦い」

 移動日を挟んで始まる本拠地での戦いに逆襲への全てをかける。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4
原辰徳
大竹寛
C.C.メルセデス
読売ジャイアンツ
工藤公康
周東佑京
松田宣浩
高橋礼
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ