ゴルフPRESSBACK NUMBER

シブコとRSK山陽放送の幸福な関係。
「プロになったらウチに所属してね」 

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph byRSK

posted2019/10/09 20:00

シブコとRSK山陽放送の幸福な関係。「プロになったらウチに所属してね」<Number Web> photograph by RSK

全英女子オープンに駆けつけたRSK山陽放送の桑田社長(左)。歓喜の瞬間は「人の陰になって見えなかった」そうだ。

優勝の瞬間は「見えなかった」

 決めれば優勝のバーディーパット。桑田社長から見て、右から左へとボールが転がる。
「打った瞬間は見えましたが、その後は人の陰になって見えなかったんです」

 カコン、という音に続いて周囲が総立ちになり、歓声が響きわたった。

「鳥肌が立ちました。表彰式も見ていましたが、あまりにも興奮していて、どれくらいの長さだったのか、よく覚えていません」

 優勝トロフィーにキスをする渋野の左肩と、キャップの左側に「RSK」のロゴが輝いていた。

空港には300人、公式HPもダウン。

 翌日、桑田社長は渋野と同じ便で帰国の途に就いた。到着した羽田空港で渋野の少し後に到着ロビーに出ると、そこには300人ものファンと、大勢の報道陣が。出発時は「あの人、誰?」だった渋野は、誰もが知るスーパーヒロインになっていた。

 AIG全英女子オープンで優勝したとき、RSK山陽放送の公式HPはアクセスが集中し、サーバーがダウンしたという。同局の知名度アップをうかがわせるエピソードだが、「広告塔になってほしいという考えは一切ない」と桑田社長は言う。

「地元の放送局として、どのような応援ができるのか。十分にできていないこともあるのかもしれませんが、我々の姿勢は変わりません。スポンサーとは違う立場で、みんなが応援しているよ、という岡山県民の思いを渋野プロに伝えたい。両者の間にRSK山陽放送がいる、という構図でしょうか」

【次ページ】 「岡山県の宝、日本の宝ですから」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子
RSK山陽放送

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ